ニュース

米国女子キア・クラシック presented by J GOLFの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 キア・クラシック presented by J GOLF
期間:03/25〜03/28 場所:ラ・コスタリゾート&スパ(カリフォルニア州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍は39位タイで終了、「充実した気持ち」でメジャー初戦へ!

2010/03/29 11:41


今週の「キア・クラシック」ではパッティングに苦戦し、上位浮上を阻まれている宮里藍。読みにくいポアナ芝に加え、宮里が“ポコポコしている”と表現するグリーンの状態にアジャストできないまま、通算6オーバーの54位タイで最終日を迎えた。

昨日のホールアウト後、コーチであるピア・ニールソンとリン・マリオットと共にパットの対策を練ったという。「ポコポコなグリーンに気をとらわれているのを再確認して、良いフィーリングを保ったままストロークするにはどうしたらいいか」。その答えが、「短い距離は何も考えないでも入ってくれる。その意識を長い距離に持っていくだけ」というシンプルなもの。ストロークではなく、意識の方向性を変えたと振り返る。

<< 下に続く >>

この改善策が、見事に奏功。「パットもしっかり改善されて、納得のいくラウンドでした」という宮里は、前半の6番で2メートルを沈めてバーディを奪い、前半を1アンダーで折り返す。後半に1ボギーを叩き、この日1バーディ、1ボギーとスコアを伸ばすことはできなかったが、39位タイに浮上したラウンドに「内容には満足」と納得の表情を見せた。

結果的に開幕3連勝は叶わなかったが、「後悔することはありません。シーズンはまだ3試合が終わっただけ。これからどういうプレーをしていくべきか、改めて見えました」と振り返る宮里。「しばらくメジャーから遠ざかっているので、『あ、こういうフィーリングが大事だな』と思い出しながら回りました。来週に繋がると思うし、充実した気持ちのまま入れます」と、次週のメジャー初戦「クラフトナビスコ・チャンピオンシップ」に向けて多くを得る4日間となったようだ。気持ちを切り替え、今度は海外メジャー初勝利に向けた戦いが始まる。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 キア・クラシック presented by J GOLF




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!