2018/10/07Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

キャトリンが今季3勝目 岡田絃希は64位

(米国)。通算12アンダーの3位に、首位スタートからの母国タイトルを逃した洪健堯(台湾)が続いた。 64位から出た岡田(おかだ・げんき)は「73」とし、通算6オーバーで64位のまま4日間を終えた。
2018/10/04Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

地元台湾の26歳がエースを奪い首位発進 岡田絃希は26位

ホールインワン(イーグル)を奪ったほか、5バーディ、1ボギーの「66」とし、6アンダーの単独首位で発進した。 ベン・レオン(マレーシア)が2打差の4アンダー2位で続いた。 日本から出場する岡田(おかだ・げんき)は2バーディ、3ボギーの「73」でプレーし、1オーバーの27位で初日を終えた。
2018/10/06Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

洪健堯とキャトリン首位 岡田絃希は64位

3人が続いた。 日本からただ一人出場の岡田(おかだ・げんき)は49位からのスタート。「75」と落として通算5オーバーの64位に後退した。
2018/10/05Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

ジョン・キャトリンらが首位浮上 岡田絃希は49位に後退

(タイ)が通算6アンダーとし首位で並んだ。 首位と2打差の3位にプロム・ミーサワット(タイ)、洪健堯(台湾)、キム・シバンの3人が続く。 日本から出場する岡田(おかだ・げんき)は2バーディ、3ボギーの「73」でプレーし、通算2オーバーの49位に後退した。
2018/10/03Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

台湾でアジアンツアー2連戦目が開催

た4日間大会には、9月に行われた「新韓東海オープン」で今季ツアー2勝目を挙げた日本を主戦場とするパク・サンヒョン(韓国)や、前週の「マーキュリーズ台湾マスターズ」で首位と1打差で惜敗した林文堂(台湾)が参戦する。 日本からは岡田(おかだ・げんき)がスポンサー推薦で出場する。
2016/11/18BRI-JCBインドネシアオープン

日本勢は高橋賢と谷昭範が決勝Rへ

俊也は通算1オーバーで81位、岡田は通算3オーバーで98位、前粟蔵俊太は通算6オーバーで116位となり、予選落ちした。