2019/05/17

女子ゴルフの大山亜由美さん がんのため25歳で死去

女子ゴルフの大山亜由美(おおやま・あゆみ)さんが16日(木)午後1時42分、がんのため鹿児島市内の病院で死去した。25歳だった。日本女子プロゴルフ協会が17日、明らかにした。 大山さんは鹿児島県出身
2017/06/11女子プロレスキュー!

ほんのちょっとを打てますか? 大山亜由美

“アプローチの練習法”をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーIさんの悩み】 「グリーン周りのアプローチが安定しません。もっとミート率を良くするにはどんな練習をすれば良いですか?」 【大山亜由美
2017/06/18女子プロレスキュー!

ショートパットが入るようになる「頭くっつけドリル」 大山亜由美

つく 取材協力/島津ゴルフ倶楽部 大山亜由美(おおやま・あゆみ) 1994年生まれ、鹿児島県出身。高校時代に出場した2011年の国体で2位に入るなど輝かしい経歴を持つ。2015年プロテスト合格。今季はステップアップツアーを主戦場にレギュラーツアーを目指す
2017/06/25女子プロレスキュー!

片テマで3パット撲滅!? 大山亜由美

?」 【大山亜由美のレスキュー回答】 3パットを減らすには、ロングパットとショートパットで、左右どちらかの手を意識させることです。どちらも何気なく同じように打ってしまうと、“距離感”も“方向性”もどっちつかず
2017/05/28女子プロレスキュー!

「ドライバーばかり練習してちゃダメ」は本当? 大山亜由美

かえる度に“ウェッジ”に戻る ・一球一球ターゲットを決める ・自らターゲットをつくるのも手 取材協力/島津ゴルフ倶楽部 大山亜由美(おおやま・あゆみ) 1994年生まれ、鹿児島県出身。高校時代に出場した
2017/05/07女子プロレスキュー!

調子の波を抑えるには? 大山亜由美

同じミスの繰り返し。どうしたら元に戻すことができますか?」 【大山亜由美のレスキュー回答】 「いつもの自分のスイングができていない」と思うことは、プロでも日常茶飯事です。ロボットではないので、好調時の
2017/04/09女子プロレスキュー!

ミート率を上げるには? 大山亜由美

大注目の人気プロ・大山亜由美が登場♪♪ 気温も暖かくなり、いよいよゴルフシーズン到来♪ 今週コンペの予定がある、または週末ラウンドしてきたという人は多いことだろう。次のラウンドの予習に、前のラウンド
2017/04/30女子プロレスキュー!

当てにいかない! 腰☆振るスイング♪ 大山亜由美

は、なぜですか?」 【大山亜由美のレスキュー回答】 狭いホールや風が強いときなど、コンパクトに振っているのに曲がってしまう…。これは、多くのゴルファーが経験していることですね。今回は、曲げたくない
2017/06/04女子プロレスキュー!

“アプローチは足を使って大正解!” 大山亜由美

あるのでしょう?」 【大山亜由美のレスキュー回答】 “足を使う”メリットは、アプローチショットのリズムを保つ方法だと考えています。アプローチに限らずどの番手でも、スイングの安定感を作るのはリズム。リズム
2017/04/23女子プロレスキュー!

方向性を上げる裏技 大山亜由美

ないショットを打つには、どうしたらいいですか?」 【大山亜由美のレスキュー回答】 実は、曲げないためのスイングというのは、答えがありません。プロでも常に悩んでいる部分です。今回は基本中の基本ですが
2017/04/16女子プロレスキュー!

力みをとる3つの準備運動♪ 大山亜由美

?」 【大山亜由美のレスキュー回答】 朝イチのティッショットや緊張する場面では、力みがスイングに悪影響を及ぼすことは少なくありません。そんなとき「脱力しよう」と思っても、なかなか力が抜けないのがゴルファー心理
2017/05/21女子プロレスキュー!

大事なのはナイスショット後の10秒間♪ 大山亜由美

がちですが、ミスの上塗りは逆効果です! 素振りなどをして、一度リセットするよう心がけてみてください。 まとめは動画でCheck!! 取材協力/島津ゴルフ倶楽部 大山亜由美(おおやま・あゆみ) 1994年
2018/03/05モテゴル研究部

女子プロに好みのモテゴルメンバーを聞いてみた

、山村 彩恵選手、高島 小百合選手、リカパーク選手、中山 綾香選手 左から、佐伯 朱音選手、野口 彩未選手、大山 亜由美選手、中井 美有選手、荒井 舞選手 左から、幡野 夏生選手、小竹 莉乃選手
2017/05/18ツインフィールズレディース

谷河枝里子が首位発進 森美穂ら1差2位/女子ステップ初日

レディース」で通算2勝目を挙げるなど、賞金ランキング1位を走っている。 2アンダーの2位タイに森美穂と大山亜由美。1アンダーの4位タイに佐藤靖子、照山亜寿美、佐久間綾女の3人が続いた。