最近のニュース 新着一覧≫


2021/10/18アンダルシア マスターズ

フィッツパトリックがツアー7勝目 川村昌弘は37位

◇欧州男子◇エストレージャ・ダム N.A アンダルシアマスターズ 最終日(17日)◇レアル・クラブ・バルデラマ(スペイン)◇7028yd(パー71) 2位で出たマシューフィッツパトリック
2021/07/11スコットランドオープン

デトリーとフィッツパトリックが首位 ラームは3位に後退

」でプレー。欧州ツアー初優勝へマシューフィッツパトリック(イングランド)と並んで通算14アンダー首位で最終日に臨む。 世界ランキング1位のジョン・ラーム(スペイン)は5バーディ、3ボギーの「69
2021/11/23ヨーロピアンツアー公式

“マジック”モリカワがドバイでダブル制覇

「全英オープン」王者は、「レース・トゥ・ドバイ」のタイトルへ向けては全てのライバルに余裕のあるリードを持ってこの日のラウンドをスタートした。 しかし、その状況もディフェンディングチャンピオンのマシュー
2018/09/05ヨーロピアンツアー公式

M.フィッツパトリックらスイスで注目の3人

・バレステロスにより改修がおこなわれたこのコースにて、マシューフィッツパトリック、アレックス・ノレン、そしてダニー・ウィレットらがトロフィーを掲げてきた。 様々な数字を精査した結果、我々データの達人は次の3人…
2021/04/08ヨーロピアンツアー公式

欧州識者が選ぶマスターズ注目選手とその理由

ストロークゲインド(.508)、平均バーディ数(4.68)、そして平均スコア(69.32)でトップ10に入っている。オーガスタナショナルで勝利する上で、必要な全ての特性を兼ね備えているのだ。 マシュー
2021/11/18ヨーロピアンツアー公式

「DPワールドツアー選手権」で知っておくべき5つのこと

(イングランド)、ミンウ・リー(オーストラリア)、ポール・ケーシー(イングランド)、そして「DPワールドツアー選手権」のディフェンディングチャンピオンであるマシューフィッツパトリック(イングランド)にも…
2021/10/17アンダルシア マスターズ

ローリー・キャンターが3打差首位 川村昌弘は36位

(イングランド)が「67」でプレーし、通算7アンダーとして首位に立った。ツアー初優勝に向け、後続に3打差をつけた。 通算4アンダー2位にマシューフィッツパトリック(イングランド)。デービッド・リプスキー(米国
2021/10/16アンダルシア マスターズ

川村昌弘は34位で決勝へ ジョン・ラーム予選落ち

連続となる「69」でプレーし、通算4アンダーとして単独首位に立った。 この日アンダーパーで回ったのは18人。「65」のベストスコアを出したローリー・キャンター(イングランド)、マシュー
2021/10/19世界ランキング

マキロイ8位 ファウラー82位に上昇/男子世界ランク

金谷拓実と入れ替わり、2番手の72位(15ランクアップ)。金谷は8ランクアップの76位。 欧州ツアー「アンダルシアマスターズ」でツアー7勝目を飾ったマシューフィッツパトリック(イングランド)は3ランク上昇し、25位となった。
2021/11/19DPワールド ツアー選手権 ドバイ

マキロイが7アンダー首位発進 川村は45位

選手が4アンダー5位につけている。 ディフェンディングチャンピオンのマシューフィッツパトリック(イングランド)は2アンダー20位タイ、川村昌弘は2オーバー45位と苦しい初日となっている。
2021/10/13アンダルシア マスターズ

ジョン・ラームが母国で連戦 川村昌弘も出場

開催されている。 前年大会は米国のジョン・キャトリンが4日間首位を守り抜く完全優勝でツアー初制覇を果たした。 フィールドには、ジョン・ラーム(スペイン)、マルティン・カイマー(ドイツ)、マシュー
2021/09/27ライダーカップ

米国が圧勝でライダーカップ奪回 ダスティン・ジョンソン5戦全勝

●トニー・フィナウ 3&2 〇イアン・ポールター 〇ジャスティン・トーマス 4&3 ●ティレル・ハットン ●ハリス・イングリッシュ 1UP 〇リー・ウェストウッド ジョーダン・スピース 引き分け トミー・フリートウッド 〇ダニエル・バーガー 1UP ●マシューフィッツパトリック
2021/11/16DPワールド ツアー選手権 ドバイ

コリン・モリカワが欧州ツアー年間王者に挑む マキロイ、川村昌弘も参戦

ランキングは46位で来季のシード権も確定。今大会の翌週からは、3年目のシーズンへと挑んでいく。 昨年大会は通算15アンダーとした、マシューフィッツパトリック(イングランド)がツアー6勝目を飾っている。また、リー・ウェストウッド(イングランド)が2000、09年に続く3度目の年間王者に輝いた。
2021/08/26ヨーロピアンツアー公式

「オメガヨーロピアンマスターズ」で知っておくべき5つの事

果たした前の2年間は、マシューフィッツパトリックが2年連続してプレーオフの末に優勝を飾っており、17年にはスコット・ヘンド(オーストラリア)を、18年にはルーカス・ビェルレガード(デンマーク)を…