2016/06/01江澤亜弥のストレッチ先生

[PR] vol.3 緊張をほぐすストレッチ

粗相があってはならないような接待ゴルフなどで、緊張しすぎて思うように打てなかった経験はありませんか?プラスに働く緊張感なら良いけれど、膝がガクガク震えるほど緊張してしまっては、ナイスショットなんて
2017/04/16女子プロレスキュー!

力みをとる3つの準備運動♪ 大山亜由美

?」 【大山亜由美のレスキュー回答】 朝イチのティッショットや緊張する場面では、力みがスイングに悪影響を及ぼすことは少なくありません。そんなとき「脱力しよう」と思っても、なかなか力が抜けないのがゴルファー心理
2021/04/22Turf Life Balance

ベストスコアを狙う日の昼食は何が正解?

止まることでひっかけのミスが増えやすくなります。胃に食べ物が入ると呼吸が浅くなりやすく、力みや緊張の原因にもなります。普段から食べ過ぎは百害あって一利なしですが、ラウンド中はスコアに直結するため
2021/06/24Turf Life Balance

多忙な現代人に…Googleが社員研修で活用する“力の抜き方”

、手首に無駄な力を入れていないか、磨き残しがないかを観察します。 その際に、舌や肩、腰が緊張していないかも観察してみてください。私が見てきた限り、8割近くの人が過剰に手首や肩に力が入ったまま歯磨きをし
2020/03/18女子プロレスキュー!

パッティングで右手が強すぎる人の対処法 宮田成華

。通常ショット時の握りと同じ順手では、どうしても右手の意識が強くなり、緊張する場面ほど、右手を返す動きが入ってしまいます。 3. ティを使った練習法が効果的 おすすめの練習法は、ボールの後ろにティを
2019/12/18女子プロレスキュー!

真冬の朝イチショットを成功させるには? 荒川侑奈

のレスキュー回答】 朝イチのショットは、プロでも緊張するシーンです。特に冬場で体が動きにくいと、思わぬ方向に飛んでしまうことが多々あります。なるべく多くを考えずにシンプルに注意点を絞って攻略することを
2015/06/09女子プロレスキュー!

「パットを“外さない”ストレッチって?」 ストレッチ編vol.5

とは、緊張して上半身や指先が硬くなることで引き起こるものです。「パットが入らない」と悩む方におすすめなのが、指先から手首、手首から肩、肩から上半身全体と、手先から順に体全体(上半身)のストレッチを行う
2021/05/20Turf Life Balance

瞑想でメンタル効果 覚えておきたい3つの入浴メリット

、血流の改善と呼吸を整えること。血流はお湯につかると自然と改善されるので、大切なのは呼吸です。 仕事やゴルフの場面では無意識のうちに緊張状態になることが多く、普段よりも心拍数が増え、呼吸が浅くなりがち
2020/04/01女子プロレスキュー!

オーバースイングかどうかの簡単な見極め方 熊谷かほ

、お腹に力を入れましょう。腹部に緊張感をもたせることで、前傾を崩さず捻転差を生むコンパクトなトップをつくることができます。 3. ペットボトル練習法が効果的 効果的な練習法は、アイアンで水の入った
2018/10/07女子プロレスキュー!

4拍子なら朝イチでも曲がらない セキ・ユウティン

・ユウティンのレスキュー回答】 朝一番のティショットは、プロでも緊張する一打です。そこで私が思うティショットを曲げないための考え方と対策法をお教えします。 1. 細かいスイング意識は二の次 朝イチショットでミス
2018/03/25女子プロレスキュー!

ショートパットを何度も外さないために… 川崎志穂

向いてしまうと、体の軸がブレて、しっかりボールをミートできません。1m以内ならば、カップインは入る音で確認する気持ちで挑みましょう。 2. やや強めのタッチで打つ 緊張していたり、プレッシャーを感じると
2021/03/25Turf Life Balance

さよなら不眠症 質の高い睡眠をとるには?

多岐にわたりますが、ここ数年でもっとも関心が高まっているのが「睡眠」です。 例えば、ゴルフ前夜は緊張やワクワク感によりすぐに眠れない、ということがよくあります。寝つけない夜、一番のNG行為はベッドで
2021/06/03Turf Life Balance

現代人の敵・眼精疲労 日常生活で試せるリフレッシュ術

小さくしすぎているように思います。確かに資料の全体像が見えやすくはなりますが、文字が見えにくいことで目をこらすと、筋肉が緊張して疲れを感じやすくなります。スマホも同様。ただでさえ小さな画面でニュース記事
2020/10/22プラス1

後半のラウンドまで集中力を維持しよう! 最適な“おやつ”の取り方

ます。そのような場面で、よく噛んであごを動かすことにより、過剰な緊張を取り除き、リラックスした状態を作り出していたのかもしれません。 プレー中の “おやつ”をちょっと意識して、最高のパフォーマンス発揮につなげてみてください。 (協力/ケアくる…