2011/12/01

女子プロ有志がチャリティプロアマコンペを開催

定江・横山美和子・齊藤有紀子・小林 英恵・高梨カンナ・渡辺かをり ・矢崎 和・甲斐ひとみ・内田琴子・白戸由香・堀越ゆかり・三橋里衣・安谷屋美花・中村洋子・永森佐知子・塩田飛美・大田原さつき・多田純子 他多数 (順不同・敬称略)
2011/11/04

原江里菜も無事通過!186名がサードQT進出

、新崎弥生、加藤あづみ +15高橋美保子、西麻里、森桜子、黄萍、高村亜紀、永森佐知子 +16遠藤冴子、山下乃子、曽秀鳳、塩田飛美、山崎礼奈 B:小幡郷ゴルフ倶楽部 -8下川めぐみ -6斉藤愛璃 -3
2010/03/13ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ

猛チャージは不発に終わるも、次につながる収穫/チームPRGR

大会初日は納得行くプレーが出来ず、不振に終わったチームPRGRの原江里菜、菊地絵里香、塩田飛美、香山麻央の4選手。予選通過が掛かった大会2日目での猛チャージを期してスタートした。 初日に2OBを
2010/03/12ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ

ホステスプロ、原江里菜の明日の大爆発に期待!/チームPRGR

賞金女王に輝いた。第2回大会覇者の上原彩子は、その後もステディな活躍を続けて09年獲得賞金ランク7位と自身最高位をマーク。 チームPRGRからは原江里菜、菊地絵里香、塩田飛美、香山麻央の4人が
2007/10/12GDOEYE

9人によるプレーオフ!? 勝って手にしたものは・・・

パー5で実施。ここで鈴木舞子と塩田飛美の2名がバーディを奪い、早々と7人が脱落した。続く2ホール目は2番パー4で行われ、ここでもバーディを奪った鈴木が、見事に出場権を獲得したのだ。 土壇場で出場権を手
2007/05/11SANKYOレディースカップ

青山加織が逆転勝利を飾る!

/151/70/81 53/+8/阿蘇紀子/152/72/80 53/+8/塩田飛美/152/76/76 53/+8/曽秀鳳/152/74/78 53/+8/武田久子/152/71/81 53/+8
2006/11/30

有村智恵がトップに君臨! ベテランの木村敏美も19位タイと好位置/ファイナルQT3日目

功留美が1オーバーの8位タイ。ベテランの木村敏美も通算5オーバーの19位タイとまずまずのポジション。ところが、賞金ランキング52位で惜しくもシード権獲得に至らず参戦している成田いづみは、通算13オーバーの70位タイ。塩田飛美も通算15オーバーの80位タイと厳しい状況になっている。
2006/03/10アコーディア・ゴルフレディス

茂木宏美が単独トップ!横峯さくらは24位タイ発進

を見せ、6バーディ、2ボギーでホールアウト。後続に2打差をつけて、最高のスタートを切った。 さらに、2アンダーの2位タイには、岡田伊津美と服部道子が並び、1アンダーの4位タイに不動裕理、塩田飛美
2003/02/06

世界で活躍する日本選手たち

で回り、通算5アンダーで逆転優勝を飾った。 71-73-67。 高木は29歳、大阪出身、昨年は日本のステップアップツアーに出場していた。3位には通算イーブンパーの塩田飛美、6位には 小俣奈三香が入っ