2018/01/29ピュアシルク バハマLPGA

B.リンシコムが大会連覇 畑岡奈紗は予選落ち

アンダーの2位に台湾出身のウェイリン・スー。通算9アンダーの3位に、首位から出た最終ラウンドを「71」として逆転を許したフォンシャンシャン(中国)と、エイミー・ヤン(韓国)の2人が続いた。 3人が出場した
2018/01/26ピュアシルク バハマLPGA

B.ヘンダーソンが暫定首位 畑岡奈紗は出遅れ103位

、ツアールーキーのルナ・ソブロン・ガルメス(スペイン)。3アンダーの暫定4位に、世界ランキング1位のフォンシャンシャン(中国)、キャサリン・カーク(オーストラリア)ら6人が続く。 3人が出場する日本勢
2017/04/15KKT杯バンテリンレディス

上田桃子 6年ぶりの「単独逃げ切り」で復活Vに挑む

シーズンの2勝を最後に優勝がない。その2勝はいずれも2位からの逆転劇だった。単独トップで出て優勝を挙げたのは、フォンシャンシャン(中国)とのプレーオフを制した2011年「ミズノクラシック」まで
2017/07/14全米女子オープン

フォン・シャンシャンが首位発進 宮里藍47位

、午後8時33分に日没順延となった。世界ランク6位のフォンシャンシャン(中国)が6バーディ、ボギーなしの「66」でプレーして、6アンダー暫定首位に立った。 1打差の5アンダー暫定2位にエイミー・ヤン
2017/07/15全米女子オープン

野村敏京4差6位、葭葉ルミ、宮里藍も決勝へ

◇海外女子メジャー◇全米女子オープン 2日目(14日)◇トランプナショナルGCベドミンスター(ニュージャージー州)◇6687yd(パー72) メジャー1勝、世界ランク6位のフォンシャンシャン(中国
2017/12/01記録

「TOTOジャパンクラシック」歴代優勝者

回数 年 優勝者 第45回 2017年 フォンシャンシャン 第44回 2016年 フォンシャンシャン 第43回 2015年 アン・ソンジュ 第42回 2014年 李美香 第41回 2013年
2016/10/30サイム・ダービーLPGA

フォン・シャンシャンがツアー通算5勝目 横峯さくら31位

ラウンドを終えて単独首位に立ったフォンシャンシャン(中国)が5バーディ1ボギーの「67」でプレーして、通算17アンダーで逃げ切って優勝した。2014年に続く大会2勝目、ツアー通算5勝目(メジャー1勝含む
2017/12/11世界ランキング

鈴木愛は1ランクアップの31位/女子世界ランク

浮上。フォンシャンシャン(中国)は5週連続でトップの座を守った。 ほかの日本勢は、野村敏京が35位で変動なし。川岸史果が44位、畑岡奈紗が45位、上田桃子が61位に続き、いずれも順位に動きはなかった
2017/11/071分スイング

“右足の蹴り”で飛ばす 鈴木愛の強回転スイング

世界基準のショット精度「愛スイング」 世界ランクの上位陣が顔をそろえた「TOTOジャパンクラシック」で、堂々の単独2位と好成績をおさめた鈴木愛。優勝したフォンシャンシャン(中国)をうならせた高い
2017/11/04TOTOジャパンクラシック

母の誕生日にもう一度勇姿を 歴代王者の上田桃子が浮上

通算9アンダーの5位に浮上した。連覇のかかる首位フォンシャンシャン(中国)と6打差。世界の厳しさを知る31歳は「大きな差。でも覚悟をもって攻めたい」と誓った。 同組のテレサ・ルー(台湾)と思い出話に花
2017/11/05TOTOジャパンクラシック

鈴木愛が国内賞金トップに浮上「勝ちたかった」

◇米国女子◇TOTOジャパンクラシック 最終日(5日)◇太平洋クラブ美野里コース(茨城)◇6608yd(パー72) 2位から出た鈴木愛は「68」で回り通算17アンダーとしたが、フォンシャンシャン
2017/11/04TOTOジャパンクラシック

額に飾った写真に込めた想い 鈴木愛、6年ぶりの日本人優勝へ

回り、通算13アンダーとした。2位に後退したが、連覇のかかるトップのフォンシャンシャン(中国)とは2打差。憧れの上田桃子以来となる日本人優勝に向けて優勝戦線に踏みとどまった。 大きな歓声に自然と頬は
2017/11/15CMEグループ ツアー選手権

100万ドルのボーナスをかけた最終戦 上原彩子が出場

位で、直近2連勝を飾りパクを逆転して世界ランク1位に上がったフォンシャンシャン(中国)が3位につける。 同4位のユ・ソヨン(韓国)に続き、前週終了時点で加算したポイントを再分配した。同5位のブルック