2022/06/17米国女子

カップチョ首位発進 畑岡&野村が66位 渋野は127位

アンダー3位につけた。前年大会を制したネリーコルダは5アンダーの7位でバーディ合戦についていった。 日本勢は出遅れが目立ち、「71」で回った畑岡奈紗と野村敏京の1アンダー66位が最上位。古江彩佳と
2021/04/17米国女子

笹生優花は4打差3位に後退し最終日へ 渋野23位

、単独首位で最終日を迎える。 「63」をマークしたネリーコルダが通算20アンダー2位。単独首位で出た笹生優花は5バーディ、4ボギーの「71」と伸び悩み、通算17アンダーの3位に後退した。 レオナ
2021/04/05米国女子

21歳・タバタナキットが初Vでメジャー奪取 河本結28位

、大会レコードタイの「62」と猛チャージ。後続に5打差をつけて出たタバタナキットに2打差まで迫ったが、16アンダー2位でフィニッシュ。 11アンダー3位でキム・セヨン(韓国)、ネリーコルダ、ナンナ
2017/07/22米国女子

日本勢4人は予選落ち G.ピラーが首位守る

バーディ、1ボギーの「68」でプレーし、通算11アンダーとして首位を守った。 1打差の通算10アンダーでネリーコルダ、レキシー・トンプソン、キム・インキョン(韓国)、チェン・ペイユン(台湾)の4人が続いた
2018/03/04米国女子

ミッシェル・ウィが4季ぶり優勝 15歳アマは8位

ネリーコルダ、ダニエル・カン、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、ジェニー・シン(韓国)が通算16アンダーの2位タイ。 前週「アジアパシフィック女子アマチュア選手権」を制して出場権を得た15歳の
2019/06/24KPMG女子PGA選手権

ハンナ・グリーンが完全優勝 畑岡奈紗は最終日「65」で14位

(イングランド)、ネリーコルダが通算6アンダーの3位に入った。 54位で出た畑岡奈紗は7バーディ、ボギーなしで、この日のベスト「65」と伸ばし、通算2アンダーの14位で終えた。 横峯さくらは通算7オーバーの60位だった。
2018/10/25米国女子

上原彩子が4打差9位発進 畑岡奈紗は出遅れ

の「65」でプレー。7アンダーで単独首位発進を決めた。 カン・ヘジ(韓国)、ネリーコルダが2打差2位。ユ・ソヨン(韓国)、モリヤ・ジュタヌガン(タイ)ら5人が4アンダー4位とした。 上原彩子が5
2020/02/15米国女子

原英莉花は31位で最終日へ 首位に朴仁妃

。前年覇者ネリーコルダが通算5アンダー27位につけた。 21歳の誕生日を迎えた原英莉花は5バーディ、4ボギーの「72」でプレー。通算4アンダーで41位から31位に浮上した。 フィリピン国籍の笹生優花は通算3アンダー39位。上原彩子は通算2アンダー47位で最終日に臨む。
2019/01/20米国女子

リディア・コーが首位浮上 畑岡奈紗は停滞

ブルック・ヘンダーソン(カナダ)。通算11アンダーの4位にネリーコルダ。通算9アンダーの5位にイ・ミリム(韓国)とフォン・シャンシャン(中国)が続いた。 23位スタートの畑岡奈紗は4バーディ、4ボギーの「71」と伸ばせず、最下位となる通算3オーバーの24位タイに後退した。
2019/03/24米国女子

中国のリウ・ユが単独首位で最終日へ 野村敏京は32位

)。エンジェル・インが通算16アンダーの3位、パク・ソンヒョン、キム・ヒョージュ、コ・ジンヨンの韓国勢、リディア・コー、ネリーコルダが通算15アンダーの4位に並んだ。 野村敏京は7バーディ、1ボギーの「66」と伸ばして通算9アンダーとし、53位から32位に順位を上げた。
2022/08/11米国女子

台湾開催の米女子ツアーが3年連続の中止

ネリーコルダがカロリン・マソン(ドイツ)、ミンジー・リー(オーストラリア)とのプレーオフを制し、大会連覇を達成。日本から渋野日向子もスポット参戦していた。 LPGAは中止の理由として新型コロナウイルス
2022/04/13世界ランキング

上田桃子が59位に浮上/女子世界ランク再発表

て20位となった。以下、稲見、西郷に続き、ともに変動のなかった渋野日向子が37位、西村優菜が39位。 1位コ・ジンヨン(韓国)、2位ネリーコルダ、3位リディア・コー(ニュージーランド)ら上位は18位まで変動がなかった。
2022/05/03世界ランキング

西郷真央が20位に浮上 日本勢3番手に/女子世界ランク

位(3ランクダウン)で続く。 1位コ・ジンヨン(韓国)、2位ネリーコルダ、3位リディア・コー(ニュージーランド)のトップ3は変わらず。パロスバーデス選手権を制したマリナ・アレックスが前週61位から28位とジャンプアップした。
2022/04/26世界ランキング

畑岡奈紗が6位浮上 高橋彩華は自己最高70位/女子世界ランク

サンケイレディスクラシック」でツアー初優勝の高橋彩華は7ランクアップで自己最高70位となった。 1位コ・ジンヨン(韓国)、2位ネリーコルダ、3位リディア・コー(ニュージーランド)のトップ3は変わらず、「LAオープン」3位の
2020/09/14ANAインスピレーション

イ・ミリムがメジャー初制覇 畑岡7位 渋野51位

(カナダ)、ネリーコルダとのプレーオフを1ホール目で制し、メジャー初制覇を遂げた。2017年以来のツアー通算4勝目となり、涙を流した。 レキシー・トンプソンが通算13アンダーの4位。ステーシー
2020/09/13ANAインスピレーション

畑岡奈紗14位 渋野日向子21位 ともに「67」で浮上

12アンダーで、ネリーコルダをとらえ、首位に並んで最終日に臨む。 レキシー・トンプソン、キャサリン・カーク(オーストラリア)、イ・ミリム(韓国)が2打差の通算10アンダー3位で追う。 畑岡奈紗は5
2020/09/12ANAインスピレーション

渋野日向子52位で予選通過 畑岡奈紗と河本結も決勝へ

、週末にコマを進めた。 ネリーコルダが5バーディ、ボギーなしの「67」でプレーし、首位の座をキープした。 イ・ミリム(韓国)が2打差の9アンダー2位、レキシー・トンプソンとナンナ・コルツ・マドセン
2020/09/11ANAインスピレーション

渋野日向子4打差19位発進 畑岡奈紗も並ぶ

」でプレー。2アンダーとし、2バーディ、ボギーなしの畑岡奈紗らと19位に並んで発進した。 ネリーコルダが7バーディ、1ボギーの「66」をマークし、6アンダーの単独首位。チョン・インジ(韓国)と