ニュース

米国男子ベライゾン・バイロンネルソン クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 ベライゾン・バイロンネルソン クラシック
期間:05/10〜05/13 場所:TPC at フォーシーズンズ-ラスコリナス/コットンウッドバレイCC(テキサス州)

首位はS.バープランクとR.ダムロン。タイガーは伸び悩んだ。

2001/05/13 09:00


米男子ツアー「ベライゾン・バイロンネルソン・クラシック」の3日目。初日から首位に立ったS.バープランクはバーディ2つにあとはすべてパーという手堅いゴルフで13アンダーまでスコアを伸ばし、この日もタイではあるが首位をキープした。

バープランクとは対照的に5バーディ、5ボギーの派手なゴルフでスコアを伸ばすことができなかったのがD.デュバル。首位から5位タイに後退した。
デュバルに代わってバープランクに並んだのは、3位からスタートしたR.ダムロン。2つのボギーが先行したが、後半スコアを5つ伸ばして13アンダーにしている。

この日はスコアを伸ばす選手が多かったが、なかでもJ.レナードのチャージには目を見張るものがある。連続バーディでスタートしたレナードは5番ホールもバーディ、後半には10、11番で連続バーディを奪い、15番からは最終18番ホールまで4連続でバーディを奪い9アンダーの61をマーク。44位から3位タイにジャンプアップした。

そして、日本ツアー出身のB.ワッツも7アンダーでまわり、37位から通算11アンダーの5位タイに浮上した。5番ホールから3連続バーディを含む7バーディを稼いだワッツは、持病の腰痛を完治し、プレーに集中できているようだ。

さて、4試合連続優勝を狙うタイガーだが、7番パー5でイーグルを奪い一時9アンダーまで伸ばしたが、後半3つのボギーを叩くなどスコアを1つしか伸ばせず7アンダーで23位まで後退した。首位と6打差はタイガーでもちょっときついのかもしれない。

予選をギリギリの1アンダーで通過した丸山茂樹は、2番ホールからと12番ホールから、2度も3連続バーディを奪いこの日は4アンダー。通算5アンダーで45位まで順位を上げてきた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ベライゾン・バイロンネルソン クラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!