ニュース

米国男子USバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 USバンク選手権
期間:07/21〜07/24 ブラウンディアパークGC(ウィスコンシン州)

B.クレインが3日間通して首位!谷原は56位タイへ後退

ウィスコンシン州、ブラウンディアパークGCで行われている、米国男子ツアー第30戦「U.S.バンク選手権 in ミルウォーキー」の3日目。初日、2日目と日没サスペンデッドとなり、スケジュールが大幅に遅れていたが、この日決勝ラウンドに駒を進めた選手全員が第3ラウンドを終了。上位選手がバーディを積み重ねていく中、この日も6つスコアを伸ばしたベン・クレインが、通算19アンダーで首位をがっちり守った。

クレインは3日間通してまさに絶好調。この日も、5番、6番で連続バーディを奪うなど、8つのバーディを奪取。途中2つのボギーを叩いたが、それを差し引いても素晴らしい内容でホールアウト。明日の最終日、全日トップという「完全優勝」を達成できるかに注目したい。

さらに2打差の通算17アンダーで、単独2位につけているのが、スコット・バープランクだ。こちらもスコアを6つ伸ばすなど、バーディラッシュを続けており、好ポジションをキープ。逆転勝利へ向けて視界は良好だ。

また、そのほかの選手では、クレイグ・スタドラーの息子、ケビン・スタドラーが通算3アンダーの56位タイ、若手のホープ、ライアン・ムーアも通算1アンダーの71位タイと伸び悩んでいる。最後に日本の谷原秀人だが、第3ラウンドで2バーディ4ボギーと2つスコアを落としてしまい、通算4アンダーの56位タイへと後退。明日の最終日、巻き返しに期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 USバンク選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。