ニュース

米国男子WGCメキシコ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

「アラサーです(笑)」松山英樹、25歳初戦前日はおちゃめモード

◇米国男子◇WGCメキシコ選手権 事前(1日)◇チャプルテペクGC(メキシコ)◇7330yd(パー71)◇

練習ラウンドの最中にも、子どもから大人まで多くのギャラリーから「ヒデキ!」と声を掛けられ、写真やサインをねだられる。世界ランク4位の松山英樹は、メキシコの地でも人気者だ。

月曜日に現地入りし、火曜日にイン9ホール、開幕前日の水曜日はアウト9ホールを回って調整した。「(コースは)狭いです。でも、調子が悪いので(ティショットを)アイアンで打てるから良かったです」と、標高2300m超という高地による飛距離アップに加えて、ドッグレッグや大木が多く、戦略的なチャプルテペクGCのレイアウトを、やや自虐的に歓迎した。

2週間前の「ジェネシスオープン」で今季初の予選落ちを喫した松山は「(翌)水曜日くらいまでは何もしていなかったです」という。「へこんでないと言ったら嘘になるけど…」とちょっぴり言葉を詰まらせたが、「丸山(茂樹)さんとかも一緒に食事に行ってくれたし、良いリフレッシュができたと思う」と、気分転換にも時間を割いた。ちなみに、前週土曜日は松山の25回目の誕生日。「歳を取っちゃいました。アラサーです」と笑ったが、今週は心機一転、25歳の初戦となる。

高地による飛距離の違いにも、2日間の練習ラウンドで慣れつつある。「本当にその番手で行くのかな?という不安はあるけど、昨日、今日でまあ大丈夫かなというのはある。計算間違いをしなければいいので、あとは頭の問題です(笑)」。その計算は何パーセントくらいなのかと聞くと「さあ、35%くらいじゃないですか?」と、とぼけたのは時折見せる彼の愛きょう。実際は13%~15%くらいの調整となりそうだ。

予選ラウンドは、世界ランク1位のダスティン・ジョンソンと、同3位のロリー・マキロイ(北アイルランド)が同組となる。「(同)4位なのに入っちゃってびっくりしましたよ!」と、この日は最後まで“おちゃめモード”の松山だった。(メキシコ・メキシコシティ/今岡涼太)

関連リンク

2017年 WGCメキシコ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~