ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 セントアンドリュース(イリノイ州)

今日の日本人選手/藤田が4アンダー15位タイ!高山もイーブンパーで予選を突破!!

全英オープン2日目

初日よりも暖かく、風も穏やかな2日目。日本選手の流れは2日間変わることがなく、全英初挑戦の藤田寛之高山忠洋が予選通過を果たしたが、丸山茂樹谷口徹は残念ながら予選落ちになった。

初日イーブンパーの41位タイにつけていた藤田は、スタートの1番でバーディを奪った。4番では2日連続でのボギーとなったが、5番、7番、10番でバーディを奪い上位に浮上してきた。13番でまたしても2日連続のボギーとなったが、終盤17、18番を連続バーディで4アンダー15位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

特に17番はセントアンドリュースの中でも難易度が高いが、藤田は持ち前の正確なショットでピンを捉えた。最終18番ではティショットを左サイドの1番ホール側に打ち込んだが、2打目で確実にグリーンに乗せると長いバーディパットを沈めた。ショットだけでなくパッティングの上手さにも定評のある藤田が、持ち味を最大限に披露した1日となった。

そして、日本のエースとして10年連続での「全英」出場となった丸山茂樹は、練習ラウンドから調子の良さをアピール。今回は上位で戦えるという自信が言葉に表れていた。ところが、聖地の洗礼をしっかり受けることになってしまった。

また、藤田と同じくイーブンパースタートの高山も粘りのゴルフを見せた。3番のバーディを挟み2番、4番でボギー。7番バーディの後8番でダブルボギーを叩き、この時点で2オーバーまでスコアを崩してしまった。初日も4連続ボギーから復活したが、この日もこのダブルボギーから奮起した。9番、10番で連続バーディを奪うと、11番以降は全てパープレーでまとめ、通算イーブンパーの55位タイで藤田同様初めての全英で見事に予選突破を果たした。

また、初日5オーバー127位と大きく出遅れた丸山は、スタートから4ホールをパーで凌ぐと5、7、9番でバーディを奪い2オーバーまでスコアを伸ばした。後半もスコアを伸ばせば予選突破の可能性が出てきたが、11、12、17番でボギーを叩き、スタート時の5オーバーに逆戻り。満足のいくプレーを出せず予選通過は果たせなかった。

3人とは異なり午後スタートとなった谷口は3オーバー98位タイからのスタート。4番バーディの後、5番パー5でダブルボギー。さらに13番でもダブルボギー、そして17番ではトリプルボギーと随所で大叩きしてしまい、通算9オーバーでセントアンドリュースを去ることになった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。