ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード
期間:03/05〜03/08 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

「勝つことはどこでも難しい」ハットンがイングランド出身選手初の大会制覇

◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待byマスターカード 最終日(8日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7454yd(パー72)

優勝スコア通算4アンダーは、ベイヒルクラブに会場が移った1979年以降2番目のハイスコアだった(83年大会の1アンダーに次ぐ)。3日目に比べて風がわずかに弱まったとはいえ、グリーンは硬直したまま。ティレル・ハットン(イングランド)は首位から「74」とスコアを落としながら、終盤にパーを並べて逃げ切った。決勝2ラウンドでいずれもオーバーパーだった勝者は2006年の「全米オープン」(ジェフ・オギルビー)以来となった。

<< 下に続く >>

ティショットを左サイドの池に落とした11番、ダブルボギーをたたいて戦況は混沌とした。ハットンは直前、グリーン周りでクラブをショットガンに見立て、池に向かって撃つジェスチャー。リードを失いながら「よくあることだ。少しイライラしたけど、頭を整理することができた」と改めてゲームに集中するきっかけになった。後続が崩れていくのをしり目に、「メジャー並みのセッティング」で以降はパーをつないだ。

欧州ツアーで4勝を挙げている28歳は、同下部ツアー出身のたたき上げ。20代前半には海を渡り、ここオーランドでルームメイトたちと共同生活をしながらミニツアーを戦った時期もあった。「自分を信じなければチャンスはない。当時の目標は欧州ツアーで、そしていつかPGAツアーでプレーすることだった」

同じフロリダで行われた前週の「ザ・ホンダクラシック」。欧州ツアー5勝のトミー・フリートウッド(イングランド)が惜敗した際、テレビ解説を務めていた1993年の「全米プロ」王者ポール・エイジンガーが「米ツアーでこそ勝たなくてはいけない。それをトミーも分かっていて重圧になっている」と発言。これに対し、イアン・ポールターリー・ウェストウッド(ともにイングランド)が「欧州を軽視している」と反発した。

「どのツアーでも勝つことは究極的に難しい。僕たちはみんな、毎週勝とうとしている。ほとんどのケースでそうはいかないけれど、自分の道を歩まなければ、勝つことにはたどり着かない。今週は僕だったことに感謝したい」とハットン。アーノルド・パーマーが残した大会でイングランド勢が勝ったのは初めて。そして2016年大会から5年連続で外国人選手が優勝した。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!