ニュース

国内女子ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

リオ帰りで現実に直面 大山志保が迎えたピンチとは?

国内女子ツアー「ゴルフ5レディス」は2日、北海道美唄市のゴルフ5カントリー美唄コースで開幕する。8月のリオデジャネイロ五輪に出場した大山志保は、4試合ぶりのツアー復帰となる。笑顔で「(五輪は)最高の舞台でした。燃え尽き症候群?ありませんよ」と即答したが、心配の種があるという。

「やっぱり忘れられないです。東京(五輪)ですか?私が行くのは(年齢的に)どうかな」と笑顔。リオでは「会いたい」と熱望していた柔道男子の井上康生監督から「お互いに頑張りましょうね」と声をかけられた、などのエピソードを振り返った。

ただ、現実の世界は甘くない。「頑張らないと…」と息を吐くのは、シード権確保への懸念だ。首痛などの影響で6月の「ヨネックスレディス」から7試合連続で欠場。今大会で、今季の出場はようやく10試合となる。日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の規定で、五輪に出た選手の出場義務試合数は19試合(※オリンピック不出場の選手は21試合)。来季のシードを失わないためには、来週からの残り12戦のうち、9試合の出場が不可欠だ。

39歳のベテランは今後「2、3試合は休む」予定。今季は4月「フジサンケイレディス」で優勝しているため、最終戦「LPGAツアー選手権リコーカップ」の出場権はある。現在賞金ランクは33位。国内女子ツアーが特別公認する11月の米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」に出場するには、10月の「富士通レディース」終了時点で同ランク35位以内にいる必要がある。(北海道美唄市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには今綾奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。