ニュース

国内女子JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

河本結の“おひとりさま” プレー 「打って歩いて」2時間50分

2020/11/26 16:54


◇国内女子メジャー第3戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 初日(26日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6543yd(パー72)

主催するリコーと所属契約を結ぶホステスプロの河本結は5バーディ、3ボギーの「70」でプレーし、2アンダーの10位で発進した。今大会は2サムでペアリングが組まれているが、出場は奇数の37人。ロレックスランキング上位の資格で出場権を手にし、第1組で“おひとりさま”でのラウンドとなった。

<< 下に続く >>

初めての一人プレーに「違和感ありますね。打ってすぐ歩いてって感じなので待つっていうことがないから新鮮でした」と稀な経験を味わった。

18ホールを回り、所要した時間は2時間50分。「時間を使えるからすごい良かった」という利点もあるが、つい打ち急いでしまう印象もある。河本の場合は一人プレーによる打ち急ぎは否定しつつも、最近のラウンドを「アメリカに行って、みんなスイングスピードが速いので、自分もスイングに不安あるし、どうしても打ち急いでしまっていた」と振り返る。

バックを預ける清水重憲キャディから助言をもらうことも度々あり、「球が散るようになって、テークバックのトップで止まっているつもりでも『早い』って言われるぐらい。外してもいい場所、打っていく場所を教えてくれて、スコアを出すゴルフをサポートしてくれた」と心強い相手に全幅の信頼を置いている。

大会前日から「ゴルフの状態はいいとは言えない」とショットの調子に一抹の不安を抱いていることに変わりはないが、「不安とか調子悪いとか言ってられないので、とにかく自分のベストを尽くす、精いっぱい。これに尽きると思う」と前を向く。ただ、観客もいない上に一人でのプレーはさびしいもの。明日以降は「(一人で)絶対回りたくないです」と笑った。(宮崎市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!