ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

大西葵が初シードへ前進 篠原まりあは終盤のダボに涙

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日(15日)◇チェリーヒルズGC(兵庫)◇6425yd(パー72)

今季ツアー最高となる賞金総額2億円が懸かった大会は、初の賞金シード獲得を目指す選手たちの奮闘も光る一週間となった。

大西葵は最終18番で10mのバーディパットを沈めて2位タイでフィニッシュ。賞金1580万円を加算して計2256万円とし、ランキング41位に浮上した。

最終日はノーボギーの「69」。16番では3mのパーパットをねじ込んで、「手も動いたので、もうなおったと思う」とパットの苦手意識も払拭する自信をつかんだ。今年の賞金シード獲得の目安となる約2300万円に大きく近づき、「いえーい!あともうちょっと頑張ればですね」と笑顔で一週間を締めくくった。

一方で、7位タイから出た篠原まりあは、16番までに3つ伸ばして通算10アンダー2位タイにつけていたが、17番(パー3)でティショットを池に入れてダブルボギー。通算8アンダー4位で終え、涙をこぼした。

「久しぶりに悔しくて涙が出ました。17番は3日間の記憶と風と、前の組の奥から難しいパットを観たりして、これで行けるかなという番手(7I)を持ったけど、風にも押されて池に落ちてしまった」と悔しがった。

賞金加算は860万円で、計1615万円とした。それでも「ダボは打ったけど、アンダーパーで上がれたのは自信になる。パターの苦手意識もこの4日間で薄れたし、来週、再来週と練習すればもっと良くなる気がするので、悔し涙を流して良かった」と、メジャー大会で自己ベストとなる4位フィニッシュに前を向いた。(兵庫県三木市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。