ニュース

国内男子レオパレス21ミャンマーオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 レオパレス21ミャンマーオープン
期間:02/04〜02/07 場所:ロイヤルミンガラドンG&CC(ミャンマー)

黄金の寺院 小林伸太郎がミャンマーで“メディアツアー”に参加

2016/02/02 20:40


世界各国を巡る欧州ツアーやアジアンツアーのトーナメントでは、多くの会場でセレモニーが行われる。出場選手たちが各地の名所を巡り、メディアを通じてその土地をアピール。今週の国内男子ツアーとアジアンツアーの共同主管競技「レオパレス21ミャンマーオープン」では、開幕2日前の2日(火)に、ヤンゴン中心部にあるシュエダゴン・パゴダを訪れた。

日本ツアーからこの“メディアツアー”に参加したのは、前週「SMBCシンガポールオープン」で日本勢最高の4位に入った小林伸太郎。試合会場のロイヤルミンガラドンゴルフ&カントリークラブ からは自動車で南に約40分、市内の中心部にある黄金の寺院がその場所だ。

多くの仏像や仏塔、廟(びょう)に囲まれて、境内の中央にあるのが約100mの高さを持つ巨大な塔。仏教国ミャンマーのシンボルのひとつで、寺院の中を多くの観光客だけでなく、敬虔な仏教徒や僧侶が行きかう。神聖な雰囲気に「日本の寺院とは少し違って豪華な感じがしました」と小林。アジアンツアーのカメラクルーが撮影を終えたあとには、膝をついて祈りを捧げ「先週は良かったので、今週も一生懸命頑張りたい」と笑顔で話した。

境内には裸足で入るのがルールで、帰る頃には両足の裏が真っ黒。それでも、ツアーのPRに一役買い「ゴルフ場の外でもプロゴルファーであることは、ありがたいし、大切なことだと思います」と謙虚だった。(ミャンマー・ヤンゴン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 レオパレス21ミャンマーオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!