ニュース

国内男子バンテリン東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

大槻智春は今季4度目の2位惜敗 池田勇太と香妻陣一朗も及ばず

◇国内男子◇バンテリン東海クラシック 最終日(3日)◇三好CC西コース (愛知)◇7300yd(パー71)

大槻智春池田勇太香妻陣一朗チャン・キムに2打及ばず、通算12アンダー2位惜敗となった。

<< 下に続く >>

「スタートする前にたぶん優勝が14(アンダー)かなというイメージはしていた」という大槻は最終組の1組前でプレー。1打ビハインドの13アンダーとして迎えた最終18番でこの日唯一のボギーをたたき、プレッシャーをかけられなかった。

2020-21年シーズン4度目の2位と2019年「関西オープン」に続く2勝目に届きそうで届かない状況が続く。「調子が良くない状態でもいいところで戦えているのは、少なからず自信になる。ただ、それでも勝ち切れないのは原因があるだろうから、そこを自分で追究しないといけない。毎試合言ってるんですけど、なかなかできているようで、できていない」と課題を見つめた。

池田は出だし3連続バーディと勢いよくトップに迫った。8番(パー3)、11番とボギーを喫した後も2バーディを奪い返したが、15番(パー5)を獲れなかったことを悔やんだ。「15でバーディを決められなくて、そのままズルズルとホールアウト。そういうところの組み立て、流れの持っていき方がまったく納得できない」

次週から「ブリヂストンオープン」「日本オープン」と優勝経験のある試合が続く。「自分の好きなトーナメントが続くわけだし、この辺で一旗揚げたいというのがある。自分自身もそう(上昇傾向にある)感じていますし、そういう勝負どころを突き詰めていかないと」と気持ちを前に向けた。

2位の選手ではただ一人最終組に入っていた香妻は「いやー、惜しくはないですねえ…」と目の前で逃げ切ったキムとの差を感じ取った様子。15番で2m弱を外すなどチャンスでパッティングを決めきれず、ショットも徐々に乱れた。

「(スタート前から)すごく緊張はしていて、その中でいいゴルフができたらと思ったけど、全然体が動かなかった。ショットもパットも、しびれる場面で自分の思い通りに打てるようにならないと」。久々の優勝争いも悔しさが募った。(愛知県みよし市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 バンテリン東海クラシック




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!