ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

『HOT LIST JAPAN 2013』クラブ開発の背景に迫る!Vol.4(グローブライド編)

前作でやさしくなりすぎたタイプSは、上級者が扱いやすい性能に回帰

タイプSとタイプDは、ドライバー以外はそれぞれ隔年で新モデルがリリースされている。今年刷新されたのは、タイプSのFW、UT、そしてフォージドアイアンだ。これらは前モデルからどのように変わったのか。

「フェアウェイウッドは扱いやすさを重視して、他社のモデルで採用されているような極端な浅重心には、あえて設計していません。ですが、フェアウェイウッド、ユーティリティともにフェースの材質を密にすることで反発を上げて、さらに飛距離が伸ばせるようになっています。ユーティリティに関しては、実は昨年度もタイプSのモデルを出していました。これは以前に片山晋呉プロが使用していたプロスペックを、少しやさしく改良して商品化したモデルだったのですが、実際にはアクティブゴルファーから“やさしすぎる”という声が多く聞かれました。そこで今回は、フォージドアイアンからのセットの流れを考慮して、方向性を出しやすく、狙っていけるユーティリティとして開発し、番手別の重心設計も採用しています」

<< 下に続く >>

新しいフォージドアイアンは、構えやすく、それでいて比較的やさしく打てるという点でテスターから高評価を得て、メダル受賞につながった。このモデルはどのように開発されたものなのか。

「フォージドアイアンは前モデルの評判がとても良かっただけに、進化させるのが難しかったモデルですが、それでも細かい部分に、片山プロやトップアマチュアの意見が反映されています。新モデルを開発するうえでもっとも重視したのは、飛距離の安定性です。前のモデルは“飛びすぎる”という声があったので、バックフェースの上側を肉厚にしてヘッド上下の慣性モーメントをアップさせました。フェースの高さも番手によって0.5~1mmほど高くなっています。さらにフェースに独自のミーリング加工を施すことで、ラフからのショットでも安定したスピン量が得られるようにも改良されています」

カスタムオーダーの『ラボ スペック』を用意し、自分に合ったクラブを提供する
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!