ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

強風が招いた大混戦! 石川遼は予選落ちを喫する

2008/09/19 18:34


北海道にある札幌ゴルフ倶楽部輪厚コースで開催されている、国内男子ツアー第14戦「ANAオープンゴルフトーナメント」の2日目。連日の晴天に恵まれたが、時間の経過とともに風が強まり、全体的に伸び悩む展開に。上位は混戦の様相を呈している。

その中で、午前スタートの矢野東が16番からの3連続バーディなどで4ストローク伸ばし、通算8アンダーで首位タイに浮上。「最近は調子が良いので、チャンスがあれば十分に優勝できると思います」と好調ぶりをアピールしていた。同じく首位タイで終えたのが、単独首位からスタートした金庚泰キム・キョンテ)と、「ミスショットだらけだったけど、その中で必死でやった」という藤田寛之。3人が首位に並び、決勝ラウンドを迎える。

通算7アンダーの4位タイには、チャワリット・プラポール(タイ)と中嶋常幸。中嶋は「風が強いし、グリーンは硬くなるし、きつかった」と振り返りながらも1ストローク伸ばし、首位争いを演じ続けている。

永久シードに王手をかけている片山晋呉は、2バーディ、2ボギーのイーブンパーにとどまり、通算5アンダーの9位タイに後退。29位タイからスタートした丸山茂樹は、通算2アンダーの29位タイでホールアウトし、予選突破を果たしている。106位タイからスタートした石川遼は、6バーディを奪いながらも5ボギー、1ダブルボギーと1ストローク落とし、通算5オーバーの88位タイで予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。