ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/16〜01/19 場所:セントーサGC(シンガポール)

クーチャーが単独首位で最終日へ 木下稜介が日本勢最上位8位

2020/01/18 17:25

◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 3日目(18日)◇セントーサGC(シンガポール)◇7397yd(パー71)

第2ラウンドの残りと、決勝ラウンドに進んだ68人による第3ラウンドが行われ、米ツアー9勝の41歳、マット・クーチャーが4位から出て、9バーディ、ノーボギーの「62」をマーク。通算17アンダーで単独首位に浮上した。

クーチャーは今回、初めてシンガポールを訪問した。「素晴らしいコース、素晴らしい街で本当に楽しんでいる」と“余裕”も見せながら、ウォーターハザードも多いトリッキーなコースを攻略。この日、一緒にプレーしたジャスティン・ローズ(イングランド)には1Wショットの飛距離で劣るシーンが多かったが、3日間のパー5での2オン率は55.56%でトップ、パーオン率83.33%は2位。あらゆるショットの精度の高さを誇示している。

キャリアで最後の優勝は昨年1月の米ツアー「ソニーオープンinハワイ」。後続に3打差をつけて迎える最終日に向け、「ユニークなホールが多く、グリーンのコンディションも最高。プレーしていて本当に楽しい。あしたは1番ホールからフェアウェイとグリーンをとらえて、勢いをつけたい」と穏やかに話した。

通算14アンダー2位に前年覇者のジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)とミゲル・タブエナ(フィリピン)が並んだ。

通算13アンダー4位にリチャード・T・リー(カナダ)、17歳のキム・ジュヒョン(韓国)。日本勢最上位の通算7アンダー8位に木下稜介がつけた。

石川遼は3バーディ、4ボギーの「72」とスコアを落とし、通算1オーバー46位で最終日を迎える。

<上位成績>
1/-17/M.クーチャー
2T/-14/M.タブエナJ.ジェーンワタナノンド
4T/-13/R.T.リーキム・ジュヒョン
6/-11/J.ローズ
7/-8/R.カーン
8T/-7/木下稜介I.H.ホ

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。