2017/05/19ロッコフォルテオープン

「61」のM.ホーイとS. セーデルベリが首位を分け合う

セバスティアンセーデルベリ(スウェーデン)が1イーグル、8バーディとし、ともに10アンダー「61」のビッグスコアで首位の座を分け合った。 9アンダーの単独2位に、南アフリカのザンデル・ロンバルド。8
2017/05/19ヨーロピアンツアー公式

ホーイ&セーデルベリがシチリアでロケットスタート

「ロッコフォルテオープン」は、初日のベルドゥラGCを見事「61」でラウンドしたセバスティアンセーデルベリとマイケル・ホーイが首位タイ発進を切った。 午前中にラウンドしたスウェーデンのセーデルベリ
2019/06/22BMWインターナショナルオープン

地元のカイマーが首位浮上 川村昌弘は37位

ボギーの「66」でプレーし、通算11アンダーとして単独首位に浮上した。 2打差の通算9アンダー2位にクリスティアン・ベゾイデンハウト(南アフリカ)。セバスティアンセーデルベリ(スウェーデン)とキム
2017/02/24ヨーロピアンツアー公式

荒天のヨハネスブルグでピーターソンが首位発進

「66」をマークしたスウェーデンのセバスティアンセーデルベリ、そして9番でイーグルを奪うなどパー71のウェストコースを「65」でラウンドしたロマン・ランガスクがつけている。 ジェイビー・クルーガーは
2017/05/20ロッコフォルテオープン

A.キロスが首位に浮上 初日「61」の2人は一歩後退

に、ともに初日「61」のロケットスタートを切ったマイケル・ホーイ(北アイルランド)とセバスティアンセーデルベリ(スウェーデン)。この日も「68」と3つ伸ばしたが、キロスを追う立場に変わり週末を迎える
2016/06/14ヨーロピアンツアー公式

全米オープンの知っておくべきアラカルト

ツアーメンバーで今回「全米オープン」初出場を果たすのは、キラデク・アフィバーンラト、ティティプン・チュアヤプラコン、エミリアーノ・グリージョ、アンドリュー・ジョンストン、ミカエル・ルンドベリ、セバスティアン
2015/06/08ノルデアマスターズ

ノレンが2度目の母国大会V 注目アマは33位フィニッシュ

アンダーの3位に、マキシミリアン・キーファー(ドイツ)、アレクサンダー・レビ(フランス)と地元スウェーデンのセバスティアンセーデルベリとイェンス・ダントープの計4人が入った。 ほかのスウェーデン勢では
2015/08/03マデイラアイランドオープン

33歳のカッコが「63」で抜け出しツアー初優勝

(スコットランド)、通算16アンダーの4位にセバスティアンセーデルベリと前日首位ポンタス・ワイドグレンのスウェーデン勢2人が入った。 今年3月に悪天候のため中止となった大会。日程を変えて再開催された今回は天候
2015/06/06ノルデアマスターズ

18歳アマのキンハルト 首位キープで決勝ラウンドへ

、マキシミリアン・キーファー(ドイツ)とセバスティアンセーデルベリ(スウェーデン)。さらに1打差の5位に、トム・ルイス(イングランド)、エディ・ペパレル(イングランド)、2011年大会に続く2度目の母国
2015/06/07ノルデアマスターズ

地元出身のノレンが大会2勝目に王手 首位通過の18歳アマは後退

(ドイツ)。通算8アンダーの3位に、セバスティアンセーデルベリとイェンス・ダントープの地元勢が続いた。 予選ラウンドを首位で折り返した地元出身アマチュアの18歳、マーカス・キンハルトは、2つのダブルボギーを叩くなど「77」の乱調。通算4アンダーの14位に順位を下げた。
2015/06/05ノルデアマスターズ

地元勢の主役は18歳アマ キンハルトが首位発進

セバスティアンセーデルベリとマグヌス・カールソンら9人が集団を形成。優勝候補の呼び声高く地元大会を迎えたヘンリック・ステンソンは、2アンダー24位とまずまずの滑り出しを見せた。 前年優勝のトンチャイ・ジェイディー(タイ)は1オーバー86位と出遅れた。