2017/04/10ヨーロピアンツアー公式

セルヒオ・ガルシアのメジャー初制覇が意味する事実

74回目でのメジャー初制覇。そして、この日は故セベ・バレステロスの還暦の誕生日だった。 ・この勝利により、ガルシアはメジャー自己ベストを更新。これまでは、2位に入った1999年「全米プロゴルフ選手権…
2002/04/19ロングスドラッグスチャレンジ

女王不在にC.カーとS.サンダースの米国勢が首位争い

米国女子ツアー「ロングズ ドラッグ チャレンジ」の初日は、地元米国のC.カーとS.サンダースの2人が6アンダーで首位に立った。1番ホールからスタートしたカーは、ボギースタートとなったが、続く2番、3…
2011/03/26アーノルド・パーマーインビテーショナル

A.パーマーの孫、S.サンダースが決勝ラウンド進出

今季の米国男子ツアー第13戦「アーノルド・パーマーインビテーショナル」は25日(金)、フロリダ州ベイヒルGC&ロッジで第2ラウンド。米国出身の27歳、サムサンダースが通算3オーバーの57位タイで…
2014/02/12PGAコラム

ジミー・ウォーカーが絶好調な15の理由

、全米オープン覇者のジャスティン・ローズなどがそうだ。おそらくウォーカーもその部類だろう。彼はきっと次のスティーブ・ストリッカーであり、30代中盤にプレーのレベルを上げるのだ。35歳になったばかりのウォーカーは…
2011/02/12AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ

アーノルド・パーマーの孫が4位タイに浮上!

、11日(金)の第2ラウンドで米国出身の23歳、サムサンダースが「67」をマークして、通算7アンダーで4位タイに浮上した。 2アンダーの20位タイで出たサンダースはこの日、PBコースをラウンド。2…
2014/10/17シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

松山英樹が暫定4位発進! 首位にシンクら、石川遼は出遅れる

松山のほか、ボー・バン・ペルト、サムサンダース、ジャロッド・ライル(オーストラリア)ら6人がグループを形成している。 松山と同じく午前組で10番からスタートした石川遼は、後半アウトに3ボギーを重ねる…
2016/03/22プエルトリコオープン

岩田寛はプエルトリコへ 今年も初優勝者が誕生か?

が、その争いは熾烈だった。通算7アンダーで並んだエミリアーノ・グリージョ(アルゼンチン)、ジョン・カラン、ティム・ペトロビッチ、サムサンダースとの計5人でプレーオフを戦い、1ホール目でただひとり
2015/07/18バーバゾル選手権

石川遼は20位で決勝へ 今田竜二は予選落ち

・グリージョ(アルゼンチン)、チャーリー・ベルジャン、アーノルド・パーマーの孫にあたるサムサンダースの3人。さらに1打差の6位に、デビッド・トムズ、カルロス・オルティス(メキシコ)ら9人がグループを
2014/11/11OHLクラシックatマヤコバ

舞台はメキシコ 若手選手にもチャンスあり

ルーキーのニック・テイラーが、2週連続優勝に向けて今週も出場する。 今季からPGAツアーに本格参戦しているトニー・フィナウ、ジャスティン・トーマス、アダム・ハドウィン、サムサンダース、マックス・ホマらにも、強豪が少ない大会だけに初優勝のチャンスが広がる。
2015/07/19バーバゾル選手権

石川遼は6打差22位で最終日へ 混戦の首位争いを追う

にあたるサムサンダースら4人が続く。 首位と4打差の20位から出た石川遼は、4バーディ、2ボギー「69」と伸ばしながらもバーディ合戦の展開に遅れをとり、通算7アンダーの22位に後退。6打差に開いた首位の背中を追う。…
2015/06/13全米オープン

FOXスポーツで放映される初めての全米オープン

スコット・マッキャロン、ジュリ・インクスター、コーリー・ペイビン、シェイン・オドノヒュー、ホリー・サンダースはゴルフのコメンテーターを務めた経験はあるもの、この規模での経験は皆無である。 FOXは…
2002/04/20ロングスドラッグスチャレンジ

上位のスコアは伸びず、C.カーが単独首位になった

なった。 同じく首位からスタートしたS.サンダースは、バーディを奪ったのは17番での1つだけ。4つのボギーにダブルボギーまで叩き、1アンダーの5位に後退してしまった。 スコアを崩す選手が目立つが、韓国勢
2003/01/29ベイヒルインビテーショナル

ベイヒルのクラブチャンピオン

米ツアー「ベイヒルクラシック」の開催地、フロリダ州オーランドにあるベイヒルGC&ロッジの新クラブチャンピオンが決定した。15歳のサムサンダースがその人だが、実はベイヒルの所有者アーノルド・パーマーの孫だった。 Golfweek
2017/03/27プエルトリコオープン

D.A.ポインツが4年ぶりツアー通算3勝目

・デシャンボー、ビル・ルンデ。3打差5位にサムサンダース、ピーター・ユーライン、キム・ミンフィ(韓国)が続いた。単独トップでスタートしたクリス・ストラウドは、「71」でプレーして通算16アンダー8位で大会を終えた。 日本勢は石川遼と岩田寛が出場していたが、ともに予選落ちした。
2012/12/26WORLD

【WORLD】2012年シーズンは悲劇の応酬

ようになり、典型的な負けのパターンとして苦虫を噛み潰したような心境にさせるのだろう。 Golf World(2012年12月4日号)texted by Bill Fields 多くの成功を手にしたサム