2018/04/14ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>内もものストレッチ

取り入れてみましょう。 内転群のストレッチ:その1 脚を左右に開いて立ち、片方の膝を曲げる。 息を吐きながら腰を落とし、太ももの内側にストレッチ感を意識しながら、15秒キープ×3セット。 内転群の
2018/03/31ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>肩まわりのストレッチ

ローテーターカフは肩まわりの筋肉の総称 ローテーターカフとは「肩甲下(けんこうかきん)」「棘上(きょくじょうきん)」「棘下(きょくかきん)」「小円(しょうえんきん)」で構成される筋肉群の総称
2018/03/17ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>股関節まわりのストレッチ

、適度にストレッチを取り入れることをお勧めします。 ゴルフではどう使われる? 腸腰は上半身と下半身をつなぐ筋肉で、体の軸や動作を安定させる「体幹」としての重要な役割を担います。ゴルフの歩行はもちろん
2018/03/03ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>腕のストレッチ

とともに筋肉が細くなりやすいので、飛距離を維持するためにもトレーニング、日常のストレッチでケアを大切にしましょう。 上腕二頭ストレッチ ひじをまっすぐにして両腕を後ろに伸ばす。ゆっくり息を吐きながら
2017/12/02ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>お尻&太もものストレッチ

かもしれません。 臀ストレッチ 椅子に座って片足を反対側のももに乗せ、膝を開きます。膝が床と平行になるところまで開き、その状態を10~20秒キープします。無理のない範囲で進めていき、余裕があれば膝
2018/02/03ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>背中のストレッチ

動作をします。 他の筋肉と比べて非常に細くて長い脊柱起立は、日常生活に大きく関わっていながら、体感的には使っていることを意識することが難しいため、ダメージを防ぐためにもストレッチは有効です。 また
2018/02/17ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>太もものストレッチ

ので、美しい体を維持するためにもストレッチは有効です。 ゴルフではどう使われる? ラウンド中の歩行やカートの乗り降り、特に傾斜地などのバランスを崩しやすい状況では、大腿四頭が重要な役割を果たします
2018/01/20ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>お腹のインナーマッスルのストレッチ

「腹横筋(ふくおうきん)」と「横隔膜(おうかくまく)」はお腹のインナーマッスル 腹横筋は側腹に位置し、筋繊維が横に走る筋肉です。同じく側腹にある腹斜よりも内側に位置し、腹筋の中では最深層にある
2017/12/30ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>脇腹のストレッチ

、飛距離アップにも、スコアアップにも重要になります。 腹斜ストレッチ:その1 椅子に座り、足を左右に広げ、両腕を胸の前で組む。息を吐きながら上体をひねり、止まったところで、15秒キープ×2セット
2017/12/16ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>お腹の前面のストレッチ

たショットにつながるでしょう。 またグリーン上でのパッティングでは体幹の安定が非常に重要となるため、腹直に力を入れてどっしりと構えることで、パターの精度も向上します。 腹直ストレッチ:その1