2017/02/07マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド M1 460 ドライバー

米国だけでなく、日本のツアーでもプロゴルファーたちから高い支持を得て話題となった『テーラーメイド M1 460 ドライバー』が待望のモデルチェンジ。メーカーによると、“すべてを受け継ぎ、すべてが進化
2019/10/18中古ギア情報

今が“買い時” 2万円以内の中古ドライバー

備わっている。扱いやすい純正シャフト装着のモデルが、1万円台で手に入る。 左へのミスを嫌うハードヒッターには「テーラーメイド M1 460ドライバー」2017年モデルがおススメだ。ソールの可変ウェートで
2015/11/24マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド M1 460 ドライバー

ccの『M1 460 ドライバー』をクラブアナリストのマーク金井が徹底試打し、ひと足早いインプレッションをお届けする。 ・低スピン弾道で飛ばしたい人 ・弾道調整機能付きを求める人 ・球筋を打ち分けたい中
2018/03/27マーク金井の試打インプレッション

タイガー・ウッズも愛用「テーラーメイド M3 460 ドライバー」

PGAツアーで高い使用率を誇り、タイガー・ウッズの復活にも貢献している「テーラーメイド M3 460 ドライバー」。新テクノロジーのツイストフェースを搭載し、飛んで曲がらないことが話題となっている
2016/03/15マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド M2 ドライバー

ブラック。先に発売された『M1 ドライバー』と大きく変わらないが、あえて違いを言うなら、M1 460 ドライバーよりも投影面積がひと回り大きくなった。ヘッドはオーソドック…
2017/02/14マーク金井の試打インプレッション

テーラーメイド M2 ドライバー

M2 ドライバー。 初代と同様、2代目もヘッド体積はルール最大級の460cc。クラウン部分はホワイトとカーボンブラックのツートンカラーのデザインだが、トリミングが変わった。2代目M2はフェース側の金属
2015/12/08マーク金井の試打インプレッション

グラファイトデザイン ツアーAD GP

たい。 ヘッドの挙動をニュートラルに再現させたいのなら、テーラーメイド M1 460 ドライバーM1 430 ドライバー、プロギア iD nabla RS02
2015/11/10マーク金井の試打インプレッション

藤倉ゴム工業 Speeder EVOLUTION II

、叩いても左に行きづらいので、ヘッドも直進性が高いタイプと組み合わせると、さらに安定感が増す。具体的には、テーラーメイド M1 430 ドライバーM1 460 ドライバー
2016/03/01マーク金井の試打インプレッション

日本シャフト N.S.PRO Regio Formula B

ても、浅重心のヘッドと相性が良いだろう。たとえば、今回装着したテーラーメイド グローレF ドライバーやテーラーメイド M1 460 ドライバーM1 430 ドラ…