2022/10/23欧州男子

3イーグルの28歳がフォックスと並び首位に 川村昌弘は56位

(ニュージーランド)が2位から「65」で回り、16アンダーの首位に浮上した。同じくトップで並んだのは28歳のヤニクパウル(ドイツ)。3イーグル3バーディの「62」をマークした。 2打差の14アンダー2位にデール
2023/02/26欧州男子

比嘉一貴7位 久常涼と川村昌弘16位で最終日へ

◇欧州ツアー◇ヒーローインディアンオープン 3日目(25日)◇DLF G&CC(インド)◇7380yd(パー72) ヤニクパウル(ドイツ)が「71」でプレーし、通算11アンダーとして初日からの単独
2022/05/16欧州男子

サム・ホースフィールドがツアー3勝目 川村昌弘は23位

の「68」でプレーし、通算13アンダーとして逆転でツアー3勝目を挙げた。 2打差の通算11アンダー2位に首位から出たライアン・フォックス(ニュージーランド)、ヤニクパウル(ドイツ)。オリバー
2022/05/15欧州男子

ライアン・フォックスが首位 川村昌弘は25位で最終日へ

「66」をマークし、通算11アンダーとして単独首位に立った。 サム・ホースフィールド(イングランド)が通算10アンダー2位、ヤニクパウル(ドイツ)が9アンダー3位で続いた。 川村昌弘は2バーディ、ボギーなしの「69」でプレーし、通算4アンダー25位で最終日を迎える。
2024/01/12欧州男子

マキロイが「62」で首位発進 フリートウッド4位

ランキング2位のロリー・マキロイ(北アイルランド)が9バーディ、ノーボギー「62」をマークし、9アンダーの単独首位発進を決めた。 2打差2位にツアー1勝のヤニクパウル(ドイツ)。6アンダー3位で同4勝の
2023/06/09欧州男子

川村昌弘29位発進 久常涼と識西諭里は出遅れ

◇欧州男子◇ボルボ スカンジナビア・ミックス 初日(8日)◇ウルナG&CC(スウェーデン)◇6819yd(パー72) 欧州の男女混合大会で、ドイツのヤニクパウルとデンマークの二クラス・ノーゴーが
2023/06/12欧州男子

デール・ホワイネルが初優勝 久常涼は27位

・バンダム(オランダ)とヤニクパウル(ドイツ)が続いた。 13位スタートの久常涼は3バーディ、4ボギーの「73」と落とし、通算8アンダーの27位に後退して4日間を終えた。 24位から出た川村昌弘も3バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「72」と伸ばせず、通算7アンダーの32位だった。
2023/06/11欧州男子

久常涼が「63」で13位に急浮上 川村昌弘24位で最終日へ

(イングランド)が「70」で回り、通算19アンダーとして後続に4打差でその座を守った。 通算15アンダー2位にヤニクパウル(ドイツ)がつけた。 65位で決勝ラウンドに進んだ久常涼は11バーディ、2ボギーでこの日
2023/04/28欧州男子

比嘉一貴と久常涼は予選落ち/欧州男子

◇欧州男子◇韓国選手権 2日目(28日)◇ジャック・ニクラス・ゴルフクラブ・コリア(韓国)◇7470yd(パー72) 韓国のパク・サンヒョンが「69」で回り、ツアー1勝のヤニクパウル(ドイツ
2024/01/13欧州男子

2024年初Vへ マキロイが2打差首位ターン

ベストスコア「66」をマークしたジェフ・ウィンザー(デンマーク)と、ヤニクパウル(ドイツ)の2人。通算7アンダー4位でジョーダン・スミス、トミー・フリートウッド(ともにイングランド)、トービヨン・オルセン
2023/05/05欧州男子

久常涼41位 川村昌弘と比嘉一貴は出遅れ

いる呉阿順(中国)がジュリアン・ガーリア(フランス)とともに5アンダー3位。 抗戦独自の選抜ランキングで5位につけるホルヘ・カンピージョ(スペイン)が4アンダー5位、ランク3位のヤニクパウル(ドイツ
2023/09/24欧州男子

比嘉一貴は1打差3位で最終日へ 久常涼も4打差の好位置

(110位まで)の圏外にいる。 通算11アンダーの4位にヤニクパウル(ドイツ)。通算9アンダーの5位に久常涼が続く。久常は3位スタートから3バーディ、1ボギーの「69」でプレー。首位に4打差の好位置につけ、欧州ツアー初タイトルに望みをつないだ。
2023/07/01欧州男子

久常涼が2打差10位に浮上 川村昌弘は予選落ち

優勝のトービヨン・オルセン(デンマーク)、ヤニクパウル(ドイツ)、アンディ・サリバン、アマチュアのジョン・ゴフ(ともにイングランド)ら7人が並んだ。 54位スタートの久常涼は5バーディ、1ボギーの
2022/10/26欧州男子

イベリアスイング最終戦 川村昌弘は惜敗の地へ

が参戦。前週初優勝したヤニクパウル(ドイツ)は20位にランクを上げて登場する。 ポイントランキング86位の川村昌弘は2年ぶりに出場する。2020年大会は最終組で回った最終日に一時トップに立ったが、初優勝を逃して5位に終わった。
2023/02/26欧州男子

M.シームが逆転勝利 比嘉一貴4位 久常涼10位

アンダーで逆転勝利を飾った。2014年「BMWマスターズ」以来9年ぶりとなるツアー通算5勝目。 通算13アンダーの2位に首位スタートから逆転を許したヤニクパウル(ドイツ)。通算12アンダーの3位に
2023/02/24欧州男子

川村昌弘が暫定15位スタート 比嘉一貴は出遅れ

。昨年10月にツアー初優勝を飾ったヤニクパウル(ドイツ)が8バーディ、1ボギーの「65」をマークし、7アンダーで暫定首位発進。2位だった前週の「タイランドクラシック」から好調をキープしている。 1打差