2014/01/08河本&藤森のGOLF開眼物語

第1話 河本&藤森スイングCHECK!

のスコアだったが、「全然うまくいかなかった」と、それからは独学で猛練習を行い、4ラウンド目であわや100切りという実力に。しかし、その後は“実践重視”のゴルフライフを送り、現在はトップとダフ、時に
2014/07/30サイエンスフィット

フェースが開くと体が回らない!?

による計測以前に、結構ダフことが多いので、なかなかうまく計測できないショットも目立ちました。ビデオの分析では、Vゾーンのかなり上から下りていて、まずアウトサイドインの軌道に陥っていることは間違いないと
2015/10/16このコースで真の80台!

洋芝の洗礼にご用心! ホウライカントリー倶楽部(前編)

チャン)それでは逆効果になりやすいんです。その打ち方ですと、クラブの入れ方がちょっとズレるだけで芝の抵抗が大きくなって、距離感が狂わされてしまいます。だから、池にも入れてしまいやすい。そしてダフのがイヤ
2013/09/20アメリカNo.1ゴルフレッスン

アドレスが悪いとインサイドから振れません

て大きくダフこともあります。 このように、左足の内側に箱などを置いて、左膝が内側に入り込まないように気を付けましょう。 ヒップティルトをRにして構える アドレスでヒップティルトの数字を見ながら、2R
2014/07/21植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.16 ツマ先上がりのアプローチ

なります。通常の長さでグリップしているとインパクトで、ダフリやすくなります。ソールを傾斜に合わせるようにセットして、それに伴って、クラブを短く持つようにしましょう。 フック回転を計算に入れてやや…
2013/04/05アメリカNo.1ゴルフレッスン

すくい上げる体の動きを一発で改善!

ない状況に陥っていきます。また、トップやダフといった大きなミスも出やすくなります。実際、すくい上げてしまう体の動きとは、どのような状態なのか、Tさんのケースで細かく見ていきましょう。 【受講者
2009/12/18上達ヒントの宝箱

右手の粗相を正してダフリさらば!

右手の粗相を正してダフリさらば! コックが早かったり、リリースが早かったり、右手の悪さはショットに甚大な影響を与えます。今回は、そんな右手の粗相を正して、ダフリを解消。ショットの安定感をグンと高める…
2017/12/25ミスショット レッスン

「プロシャンク」「アマシャンク」「ズレシャンク」って何?

。ヘッドが完全に抜け終わるまで、「右足」をしっかり地面につけておくことがカギ。ですが、残念ながらこうしてしまうと立派な“シャンカー”にはなれませんが…(笑)。 (次回は、「ダフリ」の打ち方をレッスン
2017/11/19女子プロレスキュー!

ディボット跡は“3段階コンパクト”で対応! 村田理沙

「ディボット跡からのショット」をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーMさんの悩み】 「せっかくティショットでフェアウェイ真ん中に打てたのに、不運にもディボット跡につかまって2打目はダフリかトップ
2014/04/10堀尾研仁のスイング解析レッスン

第6回 諸刃の剣 アッパーブロー

なかなか当たらないので、ミート率も上げたいですし、右にも左にも行く弾道をどうにかしたいですね」 ドライバーは当たっても、アイアンではダフリに 堀尾プロ「インサイドアウト軌道の河本さんは、クラブがVゾーン…
2017/11/12女子プロレスキュー!

“どトップ”しないための「左腕×左腰」 村田理沙

広がると、ヘッドがボールに届く前に地面に落ちてトップが出やすくなります。逆に狭くなる(マイナスの角度になる)と、今度は手が前に出てダフリやザックリの原因となってしまうのです。左腕とクラブを一体化させた
2013/02/25中井学のフラれるゴルフ

Lesson.1 ドライバーで転がそう!

ような余計な動きが出てきてしまうものなのです。これでは、トップもダフも何でもアリのスイングになってしまいます。 ドライバーを転がすイメージで! 特に、ドライバーで高い球を打とうとして練習に励むと
2017/07/23女子プロレスキュー!

左足上がり・下がりをUTで乗り切る方法 加賀其真美

がちです。体が突っ込むと、ヘッドが遅れてきて地面を叩いたり、フェースが開いたまま当たってしまいます。それを嫌がって強引に上げにいくと、今度はダフリやトップといったミスにつながります。 “アウトサイド
2014/09/03女子プロレスキュー!

“中途半端な距離を打ち分けるには?” 米澤有

プロテストに合格 プロでも難しい“コントロールショット” 【アマチュアゴルファーの悩み】 「加減して打つとダフって大ショート。しっかりインパクトするとグリーンオーバー……。50ヤード前後の距離が苦手です
2017/06/04女子プロレスキュー!

“アプローチは足を使って大正解!” 大山亜由美

思われます。リズムは、足の動きが必要不可欠! リズムを壊すと足の動きが止まり、手打ちになることでダフリやトップなどのミスを引き起こします。 “足を使う”とは「足踏み」のイメージ! では“足を使う”とは
2011/04/06サイエンスフィット

女性ならインサイドアウトを磨いて飛距離アップ!

ですが、実は女子プロの7割がVゾーンの下を通ります。これはインサイドアウトのドロー系で飛距離を最大限に稼ぐためです。しかし、計測中にダフが目立ったのが気になりましたね…。 “科学の目”で原因解明…
2017/05/07女子プロレスキュー!

調子の波を抑えるには? 大山亜由美

“不調なときの対処法”をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーDさんの悩み】 「ドライバーが突如不調になってしまうことが多く、ゴルフになりません。チョロにチーピンにダフリ、一度出てしまうと焦って何度も