ニュース

米国男子ノーザントラストオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ノーザントラストオープン
期間:02/13〜02/16 リビエラCC(カリフォルニア州)

石川遼 苦手コースでの戦い「今年は対応が試される」

2014/02/13 11:23

米国男子ツアー「ノーザントラストオープン」は13日(木)、カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のリビエラCCで開幕する。ティオフ前日の石川遼はプロアマ戦のメンバーには入らず、コース内の練習場で打ち込みを行い、2試合ぶりの出場トーナメントに備えた。

石川とリビエラCCと言えば、なんといっても2009年に17歳でPGAツアー初出場を果たした思い出の地。しかし本人の記憶は、毎年上書きされていて「それよりも苦手な場所という印象」ときっぱり言う。過去5年は2度の予選落ちのほか、10年32位、12年72位、13年61位。警戒するべきホールを問われれば「ほとんどが苦手です。2番、5番、7番、8番、9番…。それに10番、11番、12番、13番に15番…」と周囲を笑わせた。

とはいえ、昨季の厳しい戦いを経て、実力が上積みされているのも事実。シーズンを3分の2以上残した段階で、既に来季のシード権獲得が濃厚な状態としている。「苦手なホールは減ってきている。技術的にもそうだし、気持ちの部分でも引き出しを増やしてきているつもりなので、うまく対応したいと思う」。

予選落ちを喫した「ウェイストマネジメントフェニックスオープン」の後、前週は拠点のカールスバットでスイング中の体の開きを集中的に改善した。「納得いく形にはなっていて、それができるのがフェニックスの時よりも増えている」と依然、修正段階ではあるが上位争いに意欲を見せる。

懸念材料は昨年までよりもラフが短いこと。「かなり短いですね。スコアは伸びていく。15アンダー前後まで行くと思う。予選カットはパープレーか1アンダーかなと思う。最低でもそこを2日間で目指す」と戦況の変化を警戒した。「毎年かなり苦しんでいるので、今年は対応が試されると思う」。ツアーデビューの思い出の地は、成長度を測る恰好の舞台となる。(カリフォルニア州パシフィックパリセーズ/桂川洋一)

関連リンク

2014年 ノーザントラストオープン

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~