ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

タイガーの試合はボストンで

ボストンの地元有力新聞「ボストングローブ紙」は、前々から話に上がっているタイガー財団が関わる米ツアーのトーナメントはボストン開催になる可能性が濃厚だと発表した。
以前からレイバーデイ(Labor Day:「労働者の日」9月の第1月曜日)を最終日とする大会を米ツアー側は実現させようとしていたが、この大会の開催場所が「TPC atボストン」になる可能性がほぼ確定したというのだ。

TPC atボストンによると、「米ツアーから正式なオファーを受け取ってはないが実現はほぼ確定で、現地時間31日木曜日のティム・フィンチェムの記者会見ですべてが明らかになるだろう」と答えた。

同時期にトーナメント開催を企画し、来季からスタートさせようとしていた街は他にもあった。オレゴン州ポートランドでは前々から準備を始め、地元の英雄ピーター・ジェイコブセンがすでに700万ドルを払うスポンサーを集めていた。しかし米ツアーからオレゴンに出された答えは「NO」。ジェイコブセンは、「とても残念で憤りを感じるが、米ツアーはどうしてもタイガーの名前がついた大会が欲しかったのだろう。またタイガーがツアーに関わることが実現したら、これはゴルフ界にとって大きな貢献につながるから米ツアーが必死なのは理解できる」と語った。

関連リンク




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~