ニュース

国内男子ネスレマッチプレーレクサス杯の最新ゴルフニュースをお届け

ネスレ2回戦E 大堀裕次郎 松村道央

2017/08/18 13:02

HOLE123456789
大堀裕次郎------
松村道央------

HOLE10111213141516
大堀裕次郎-------
松村道央----

■ 1H Par4 大堀裕次郎 1UP

霧雨の中、やや風も出てきた状況でティーオフ。1打目大堀、右ラフに対し、松村はフェアウェイセンターを捉える。2打目、大堀はつま先上がりからピン手前3mにオン。対する松村はピン手前4mにつける。先にパット打った松村は1mオーバー、大堀は30cmオーバーでコンシード。松村、折り返しの下りパーパットはカップに嫌われ、まず大堀が1UPとする。

■ 2H Par5 大堀裕次郎 1UP

両者共にティショットではフェアウエイを捉える。大堀は2打目でピン右手前5mにつけるも、松村は2オンならずグリーン右手前のラフに。松村、深いラフからの3打目を1mにしっかり寄せバーディ。大堀のイーグルパットは50cmオーバーでコンシードとなり。両者共にバーディでハーフ。

<< 下に続く >>

■ 3H Par4 大堀裕次郎 1UP

ティショットは両者共に左バンカーへ。大堀、グリーン手前ラフへ。対する松村はアゴ付近の難しい状況からグリーン手前ラフへ。3打目、大堀はつま先下がりのラフからのアプローチをピン手前1.5mに、松村はピン手前2mに。松村、パーパットを外しボギー。決めれば2UPとなる大堀のパーパットはカップに嫌われボギーとし、このホールをハーフとする。

■ 4H Par3 AS

大堀、グリーン右下手前ラフ。松村、ピン左下1mにオン。大堀の2打目はラフながらもボールの見える悪くないライ。これをきっちり30cmにつけコンシードでパー。松村上りスライスラインのバーディパットをしっかり決めASへと戻す。

■ 5H Par4 松村道央 1UP

松村、ティショットをフェアウェイ端から20yd左のラフへ。対する大堀はフェアウエイセンターをキープ。2打目、松村はピン手前5mに大堀はピン左横4mに両者2オン。松村、慎重にラインを確認しバーディ。大堀は、バーディパットを外し松村の1UP。

■ 6H Par4 松村道央 2UP

松村、ティショットをフェアウエイに。対する大堀は左バンカーに。2打目、松村はピン右奥1.5mのバーディチャンスにオン。バンカーからの2打目となる大堀は何度もアドレスの足位置を気にしながらもグリーン手前フェアウエイの残り20yd地点へ。大堀の3打目アプローチはグリーンオンもショートしピン手前6m。これを決めてナイスパーとするも松村がバーディパットをしっかり決め2UPとする。

■ 7H Par4 松村道央 2UP

ティショットを松村は左バンカー、大堀はフェアウエイ右に。松村の2打目はピンの見えない難しい位置からとなりグリーンをオーバーしラフへ。対する大堀、2打目でグリーンを捉えられず右横のラフへ。松村、ボールの見えない深いラフからふわりと浮かしピン手前2mに3オン。
大堀、3打目を手前1mにつけ両者共にパーとして、このホールはハーフ。

■ 8H Par3 松村道央 1UP

松村、ショートしグリーンを捉えられず。対する大堀はワンオンするもピン右12~13mと長い距離を残す。松村2打目はパターで打ったアプローチをピン奥2mにつける。大堀、下りのロングパットをしっかり寄せコンシードでパー。松村、パーパットを外しボギーとし大堀が一つ取り返す。

■ 9H Par5 AS

大堀、ティショットでフェアウエイ右を捉える。松村は右バンカー。大堀、2打目をFWで果敢に攻めるもやや左に巻いてグリーン手前ラフへ。対する松村はバンカーから残り100yd地点に刻み、3打目をピン左6mにオン。ラフからのアプローチの大堀はピン左3mにオン。松村、バーディパットを外しコンシードでパー。大堀はバーディパットをしっかり決めバーディでASへ。

■ 10H Par4 AS

ティショットは大堀は左、松村は右とそれぞれラフに。松村、左足あがりのライから2打目をショートしグリーン手前バンカーへ。大堀は2オンに成功するもピン手前10mの上りのロングパットを残す。松村、深いバンカーからの3打目はオーバーでカラーへ。このホールをボギーとする。
大堀、チャンスのバーディパットもオーバーし3パットのボギーで試合は動かず。

■ 11H Par4 松村道央 1UP

大堀はティショットを左ラフ、松村はフェアウエイへ。大堀の2打目は2m前に木があるつま先上がりのライ。これをショートしてグリーン左下ラフへ。対する松村はピン左上3mにつけバーディチャンス。大堀、ラフからアプローチを1mに寄せるも、松村が下りのバーディパットを決め、このホール松村の勝利。

■ 12H Par5 松村道央 2UP

ティショット、松村は右ラフ、大堀はフェアウェイ。飛距離はほぼ同じ程度。2打目、松村はグリーン手間のラフに。大堀はピン左上奥15mに2オンし下りのラインを残す。松村、3打目アプローチをピン右横1.5mに。大堀、イーグルとなるロングパットを果敢に攻めるもオーバー、折り返しの上り4打目も入らずコンシードでパー。松村は、4打目バーディパットをしっかり決めバーディ。ガッツポーズも出て2UPとする。

■ 13H Par3 松村道央 2UP

松村、右奥にワンオン。大堀、ショートしグリーン手前花道。大堀、2打目のアプローチをしっかりよせピン手前1mに寄せる。ロングパットとなった松村は下りのラインだが打った瞬間にショートが分かり歩きだす。両者パーパットを決め、このホールをハーフとする。

■ 14H Par4 松村道央 2UP

両者ラフからの2打目は大堀がピン右奥3m、松村はピン右15mに互いに2オン。松村はロングパットをショートし手前2m、大堀は下りフックラインのバーディパット決めきれず、両者パーでハーフとする。

■ 15H Par4 松村道央 3UP

松村、ティショットは残り50yd弱の右ラフに。大堀はほぼ同じ距離のフェアウェイセンターに。
2打目、松村はピン左カラー、大堀はピン左下5mにつける。大堀、バーディパットを1.5mオーバー。対する松村はカラーから1mのオーバー。大堀、返しのパーパットも外し、コンシードでボギー。松村はパーパットをきっちり決め3UPに。

■ 16H Par3 松村道央 3&2

スクエアドーミーとなるこのホール。松村はピン右奥6~7mに1オン。後がない大堀はグリーン右横のラフへ。大堀、2打目のアプローチでピンを狙いカップをかすめるも入らずオーバー。松村、スライスラインのパットをしっかり寄せコンシードでパー。3&2で松村が勝負を決めた。

おすすめ記事通知を受け取る

2017年 ネスレマッチプレーレクサス杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!