ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

『HOT LIST JAPAN 2013』クラブ開発の背景に迫る!Vol.2(ブリヂストン編)

2013/05/29 09:00


真面目に硬派なクラブを作り続けるのが、Xシリーズらしさ

多くの賞を獲得したものの、HOT LISTのテスターからは短所として「デザインが野暮ったい」「新鮮味がない」といった厳しい評価も寄せられていた。

「たしかにツアーステージのクラブは、見た目の派手さに欠けるかも知れません。機能性のアピールの仕方も海外メーカーさんと比べると弱いので、もっとアピールすべきなのでしょう。ですが、外見だけがデコラティブすぎるのは良くないですし、真面目に硬派なクラブを作り続けるのがツアーステージのXシリーズらしさであり、良さでもあるんです」

<< 下に続く >>

あまり知られていないと思うが、ドライバーの純正シャフトには50グラム台、60グラム台、70グラム台の3種類が用意されている。ブリヂストンはゴルファーのことをよく考えた、とても真面目なメーカーであることは間違いない。しかし、それらはゴルファーの目に入ってきづらい。シルバー賞を獲得したウェッジにも、あまり知られていないであろう機能面での長所がある。

「X-WEDGE フォージドは、特殊な熱加工を施すことでフェース表面だけを硬くして、長く使用しても溝がダレず、高いスピン性能を維持できるモデルになっています。硬いのはごく表面だけなので、軟鉄特有の柔らかい打感はそのままです。新たに採用されたネオスモークブラック仕上げは、ノーメッキですが黒初めよりも耐摩耗性に優れていて、錆びることがありません。これはまだ他社では採用されていない仕上げです。かなりこだわって作ったウェッジですし、とてもいいモデルなのですが・・・。ゴルファーの皆さんには、うまく訴求できていなかったかも知れません。反省すべきところですね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!