ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

『オノフ』アパレル2013SS展示会を開催

2012/09/24 17:00


グローブライドは今秋よりゴルフウエアブランド『ONOFF(オノフ)』を本格始動したが、さきごろ都内会場にてネットワークファッション主催による「2013SS受注展示会」を開催した。今回のテーマはスコットランドをイメージした「ネオブリッド」で、新しい英国調に挑戦。オーセンティックを現代風にアレンジし、『オノフ』らしい大人で上質なイメージを損なわないよう、素材、差し色の見え方などにこだわった自信作だという。

展開するラインは、天然素材にこだわり高級感溢れる「ブラック」「ブルー」、素材にもこだわりつつ機能性も重視したスポーティーラインの「ホワイト」、レディスラインの「レッド」という4種類。「ブラック」は麻をメイン素材として、シンプルかつ上質なデザインを演出。価格帯は、ポロシャツが2万3100円、パンツ2万6250円、ブルゾン3万7800円など、プレミアムゾーンという位置付け。型数はメンズ、レディス合わせて14型を用意している。

一方、「ブルー」の価格帯は、ポロシャツが1万5750円~、パンツ1万8900円~、ブルゾン2万1000円~で、ほかにもベスト、ニッカーズなど豊富に一挙62型を用意。両ラインは主に百貨店での展開となる。

そして、よりスポーティーに、機能性素材を重視した「ホワイト」は、ポロシャツ9345円~、パンツ1万2600円~、アウターが1万6800円ほど。プレーのしやすさを考慮したカッティング、海上保安庁の制服にも使われているという接触冷感素材を採用するなど、随所にこだわりをみせている。型数は約60型。スポーツ量販店をメインに展開していくという。同ブランドの企画・開発・生産を担うネットワークファッションの行岡信次氏は、

「『オノフ』らしい上質で大人ゴルファーというブランドイメージを損なわないよう、見えない部分にもこだわり、着る人を楽しい気分にさせる、納得して着こなせる、そんなウエアを作りました。ゴルフをこよなく愛する人に着ていただきたいですね」

とコメント。今回の展示会では先述したウエア以外にもベルト、キャップ類、バッグなどアクセサリー類も披露。『オノフ』の世界観を感じる展示会となった。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。