ニュース

欧州男子スペインオープンの最新ゴルフニュースをお届け

「スペインオープン」で知っておくべき5つのこと

今週、ヨーロピアンツアーは「スペインオープン」の開催されるマドリードを再訪する。スペインでの大会を前に知っておくべき5つのストーリーラインは次の通りだ。

絶好調のラーム

昨年「スペインオープン」を制覇し、母国優勝を飾った名手たちの仲間入りを果たしたジョン・ラームは、1972年に同大会がヨーロピアンツアーのスケジュールに組み込まれて以来、初めての大会連覇を狙っている。最後にこの大会を連覇したのは、1952年から53年にかけてのマックス・フォークナー。ラーム以外では、アントニオ・ガリード(1972)、セベ・バレステロス(1981、1985、1995)、セルヒオ・ガルシア(2002)、アルバロ・キロス(2010)、そしてミゲル・アンヘル・ヒメネス(2014)がヨーロピアンツアー化以降の「スペインオープン」で母国制覇を果たしている。

スペインのスター選手が揃い踏み

ラームは今大会のフィールドに名を連ねる世界トップ40に入る3人のスペイン人選手のうちのひとり。現在世界5位の23歳の他には、セルヒオ・ガルシア(33位)とラファ・カブレラベロー(38位)も今大会に出場する。ガルシアは今大会に出場する「マスターズ」王者の1人でもあり、彼以外では2度グリーンジャケットを獲得したホセ・マリアオラサバルも今大会でティアップする。

歴史的なナショナルオープン

今週から続けて歴史的なナショナルオープンが開催される。「スペインオープン」は1912年に第1回大会が開催され、1972年にヨーロピアンツアーが発足した際、最初に開催された大会でもあり、当時はアントニオ・ガリードが大会を制覇した。来週、選手たちはマドリードから「イタリアオープン」の開催されるローマへと飛び、更にその翌週は大陸ヨーロッパ最古のナショナルオープンである「フランスオープン」が開催される。

マドリード再訪

「スペインオープン」は2018年大会で、07年以来となるスペインの首都への再訪を果たした。セントロ・ナシオナル・デ・ゴルフで開催された前年大会は、人気選手のラームが優勝したこともあり、成功裏に幕を閉じた。今年、大会は1929年開場のクラブ・デ・カンポ・ビジャ・デ・マドリッドで開催される。同クラブには今週の開催コースとなるブラックコースの他にも、セベ・バレステロス設計のイエローコースをはじめ、フィールドホッケーのピッチ、テニスコート、そして水泳プールなどが備わっている。同コースで最後に「スペインオープン」が開催されたのは1996年のことであり、当時は2020年「ライダーカップ」欧州代表キャプテンのパドレイグ・ハリントンが優勝した。

新時代

テニスのマドリードオープンを主催するマドリード・トロフィー・プロモーションと5年契約のパートナーシップを結んだ初年度であることしは、「スペインオープン」が新しい時代の幕開けを迎えることになる。パートナーシップの主な目的はスペインでのゴルフ人気を高めること。マドリード・トロフィー・プロモーションのヘラルド・ツォバニアンCEOは、「スペインオープン」を“マドリードにおける必見の大会”とすることで、同社のゴルフ界における存在感を高めたいと述べた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 スペインオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。