2017/03/31ヤマハレディース葛城

4位浮上の比嘉真美子 今春に見る過去との決別

真美子が3バーディ、2ボギーの1アンダー。2日目続けての「71」で通算2アンダーとして、首位と5打差の単独4位に浮上した。 春は別れの季節ともいう。比嘉自身も1Wショットに悩んでいた姿から、決別の時期
2016/10/30樋口久子 三菱電機レディス

比嘉真美子が2年ぶりシード当確 服部真夕は10年連続で

◇国内女子◇樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 最終日(30日)◇武蔵丘GC(埼玉)◇6580yd(パー72) 比嘉真美子が通算7アンダーで単独3位に入った。4バーディ、ボギーなし「68
2016/09/10日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

ドライバーイップスからの復調? 比嘉真美子が難コースで上位

て通算4オーバーの10位につけた比嘉真美子。一時はドライバーイップスに苦しんだが、フェアウェイキープが最重要のメジャー大会で復調気配を見せている。 「自分がイメージしたプレーに少しずつ近づいている
2016/08/26ニトリレディス

姉と二人三脚 比嘉真美子に復調の光は差し込むか

北海道小樽市の小樽CCで開催中の国内女子ツアー「ニトリレディス」2日目、9位から出た比嘉真美子が5バーディ、3ボギー「70」(パー72)で回り、通算3アンダー2位タイに浮上した。2013年の新人賞に
2016/10/30樋口久子 三菱電機レディス

申ジエが逆転で今季3勝目 比嘉真美子は3位

手にした。 通算8アンダーの2位に、単独首位から1打のリードを守り切れなかった李知姫(韓国)。通算7アンダーの3位に比嘉真美子が続いた。比嘉は2勝を挙げた、プロテスト合格翌年の2013年以来の優勝は
2016/09/18マンシングレディース

テレサ・ルーが開幕戦以来の今季2勝目 比嘉真美子が4位

マークした鈴木愛が通算12アンダーとして、成田美寿々、フェービー・ヤオ(台湾)と並び4位タイ。比嘉真美子も5連続を含む7バーディ(2ボギー)の「67」で回って同じ4位で終え、2位に入った2014年
2016/11/19大王製紙エリエールレディス

テレサ・ルー4打差首位で最終日へ 比嘉真美子が2位に浮上

浮上した比嘉真美子。通算15アンダーの3位に森田遥、原江里菜、菊地絵理香の3人が並んだ。 16位から出た賞金ランクトップのイ・ボミ(韓国)はクアドラプルボギーをたたくなど、「74」とスコアを落として通算
2016/10/29樋口久子 三菱電機レディス

李知姫が混戦を一歩リード 比嘉真美子ら2差4位

比嘉真美子の4人。さらに1打差の8位に北田瑠衣、福田裕子、穴井詩、服部真夕、首位から後退した堀琴音の5人が続く。 前年優勝の渡邉彩香は通算4オーバーとし、予選カットライン上の46位タイで決勝ラウンドへ
2017/03/05ダイキンオーキッドレディス

アン・ソンジュが開幕戦制し23勝目 川岸史果2位

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 最終日(5日)◇琉球GC(沖縄県)◇6617yd(パー72) 2位からスタートしたアン・ソンジュ(韓国)が4バーディ、5ボギーの「73」でプ...
2016/09/20世界ランキング

チョン・インジが3位に浮上 比嘉真美子は84ランク浮上/女子世界ランキング

上昇し19位。日本勢2番手は50位の鈴木愛、3番手は53位の笠りつ子となった。 国内ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」で今季2勝目を挙げたテレサ・ルー(台湾)は5ランクアップの25位。同大会を4位で終え、2年5カ月ぶりにトップ5に入った比嘉真美子は84ランク上げて378位となった。
2017/03/31ヤマハレディース葛城

アン・ソンジュ「64」で首位浮上 3打差2位に渡邉彩香

(韓国)が通算3アンダーの3位につけた。 通算2アンダーの4位に13年覇者の比嘉真美子。さらに1打差の5位に、4番(パー3)でホールインワンを記録した鈴木愛、藤田さいき、永峰咲希、川岸史果、テレサ
2017/04/07スタジオアリス女子オープン

笠りつ子、申ジエが首位 1打差内に9選手の混戦

。ウェイティングから出場の森田理香子は1オーバー37位で初日を終えた。 <主な上位選手> 1/-5/笠りつ子、申ジエ 3T/-4/上田桃子、比嘉真美子、鈴木愛、森田遥、鬼頭桜、山城奈々、テレサ・ルー 10T/-3/新海美優、キム・ハヌル 12T/-2/川岸史果、西山ゆかり、武尾咲希、セキ・ユウティン ほか
2017/04/01ヤマハレディース葛城

イ・ミニョンが日本初Vに前進 渡邉彩香が2打差2位

ジエ(韓国)の3選手が続いた。前日にコースレコード「64」出して首位に立ったアン・ソンジュ(韓国)は、「76」と崩れて通算3アンダー6位に後退した。 通算1アンダーの7位に鈴木愛、比嘉真美子、新海美優が並んだ。ホステスプロの有村智恵と大山志保は、ともに通算2オーバー14位で最終日を迎える。
2015/11/19GDOEYE

比嘉真美子“どん底”で胸に刻んだファンの言葉

今季国内女子ツアーのフルフィールド最終戦「大王製紙エリエールレディス」初日を1オーバー、35位タイで終えた比嘉真美子は、爽やかな表情で振り返った。「スコアは微妙だけど、フワフワした感じじゃなく