2017/02/19ISPSハンダ オーストラリア女子

ジャン・ハナが逆転優勝 前年覇者の野村敏京は3位 畑岡30位

、首位と4打差からスタートしたジャンハナ(韓国)が1イーグル3バーディ、1ボギー、この日のベストスコアに並ぶ「69」でプレー。終盤のチャージで後続を突き放し、2位に3打差をつける通算10アンダーで逆転
2016/10/09フボン台湾選手権

ジャン・ハナが今季3勝目 横峯さくらは14位に後退

◇米国女子◇フボンLPGA台湾選手権 最終日(9日)◇ミラマーG&CC(台湾)◇パー72 6打差リードの単独首位から出たジャンハナ(韓国)が3バーディ、2ボギーの「71」でプレー。通算17アンダー
2016/03/06HSBC女子チャンピオンズ

ジャン・ハナが今季2勝目 宮里美香15位、野村27位

◇米国女子◇HSBC女子チャンピオンズ 最終日◇セントーサGC(シンガポール)◇6600yd(パー72) 単独首位で出たジャンハナ(韓国)が1イーグル6バーディ、1ボギーの「65」でプレーして通算
2017/03/20バンク・オブ・ホープ ファウンダーズカップ

ノルドクビストが逃げ切りで7勝目 上原彩子19位

、アリヤ・ジュタヌガン(タイ)が並んだ。朴仁妃、ユ・ソヨン、ジャンハナの韓国勢3人が通算21アンダーの5位に入った。 日本勢は、24位から出た上原彩子が6バーディ、1ボギーでプレー。2日連続の「67
2017/05/05ロレーナ・オチョア マッチプレー

上原彩子が世界16位を破る金星 2回戦に進出

に2回戦へと駒を進めた。 一方で、ランク4位のチョン・インジ(韓国)はランク270位のローラ・エスカロン(ベルギー)に2&1で敗れる波乱。ランク9位のジャンハナ(韓国)もランク218位のシドニー
2016/10/08フボン台湾選手権

横峯さくらが6位に再浮上 「62」のジャン・ハナが独走

◇米国女子◇フボンLPGA台湾選手権 3日目(8日)◇ミラマーG&CC(台湾)◇パー72 首位タイから出た今季2勝のジャンハナ(韓国)が10バーディ、ノーボギーの「62」をマーク。通算16アンダー
2017/02/19ISPSハンダ オーストラリア女子

【速報】野村敏京は連覇ならず 首位と4打差でホールアウト

ボギー「73」のパープレーで終え、通算6アンダーでホールアウト。同組でプレーしたジャンハナ(韓国)が通算10アンダーで終えたため、岡本綾子(1987年、88年/イナモリ ゴルフクラシック)以来となる
2017/08/05全英リコー女子オープン

鈴木、野村ら日本勢5人が決勝進出 宮里藍は予選落ち

・チェラ、ジャンハナ(ともに韓国)の4人が続いた。 7人が出場した日本勢は5人が決勝ラウンドに進出。野村敏京、上原彩子、鈴木愛の3人が通算4アンダーの21位。西山ゆかりが通算2アンダーの48位。「全英」初
2017/02/20世界ランキング

トップ5に変動 畑岡奈紗は9ランク浮上/女子世界ランク

2月20日付けの女子世界ランクが発表され、トップ5に変動があった。前週の米国女子ツアー「ISPSハンダ オーストラリア女子オープン」を制したジャンハナ(韓国)が6位から1ランクアップし、キャリア
2017/04/02ANAインスピレーション

【2R速報】日本勢は4人が予選通過 トンプソン首位で決勝へ

の6位タイにジャンハナ(韓国)ほか、13年覇者の朴仁妃(韓国)ら5人が続いた。 5人が出場する日本勢は、上原彩子と野村敏京が通算1オーバーの51位で最上位。宮里藍と横峯さくらは通算2オーバーとし
2017/03/03HSBC女子チャンピオンズ

朴仁妃が単独首位 ウィ1打差2位、野村敏京38位

「ISPSハンダ オーストラリア女子オープン」を制したジャンハナ(韓国)らと並び7位タイ。38位から出た野村敏京は4バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「71」として、通算1アンダー38位のまま3日目を
2017/03/04HSBC女子チャンピオンズ

ミッシェル・ウィが首位奪還 野村敏京は46位

ジャンハナ(韓国)は通算11アンダーの5位タイと好位置をキープ。昨年のリオ五輪金メダリストの朴仁妃(韓国)が並んでいる。 38位から出た野村敏京は4バーディ、4ボギーのイーブンパー「72」とし、通算1
2017/03/02HSBC女子チャンピオンズ

ミッシェル・ウィが首位発進 野村敏京は38位

タイ。前年優勝のジャンハナ(韓国)は2アンダーの21位タイ。日本勢で唯一出場の野村敏京は1バーディ、1ボギーの「72」とし、イーブンパーの38位タイで初日を終えた。 【主な成績】 順位/スコア
2017/02/28HSBC女子チャンピオンズ

強豪ぞろいの最強フィールド 野村敏京が3年連続の出場

GC で開催される。世界ランク上位20人、昨季と今季の優勝者など、計63人のエリートフィールドで展開する。 昨年大会は、2日目に首位に立ったジャンハナ(韓国)がその座を譲ることなくゴールテープを切り