GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内シニア日本シニアオープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

平石武則が初優勝に王手 田村尚之は“リスト漏れクラブ”使用で失格

順位 選手名 通算 合計
1 平石武則 -8 208
2 米山剛 -5 211
2 P.ウェセリン -5 211
2 渡辺司 -5 211
5 室田淳 -4 212
5 清水洋一 -4 212
7 ミゲルアンヘルマーティン -3 213
8 井戸木鴻樹 -1 215
8 B.レーン -1 215
8 崎山武志 -1 215

スコア詳細を見る

2015年 日本シニアオープンゴルフ選手権競技 3日目 平石武則
平石武則がシニアメジャーの3日目を単独首位で終えた※画像提供:日本ゴルフ協会【拡大写真】

◇国内シニアメジャー◇日本シニアオープン 3日目◇COCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジゴルフコース QUEENコース(三重県)◇6840yd(パー72)

1打差の2位から出た平石武則が4バーディ、1ボギーの「69」でプレーし、通算8アンダーとして首位に躍り出た。後続に3打差をつけ、シニアツアー初優勝をかけて最終日の戦いに臨む。

通算5アンダーの2位で今年50歳になった“ルーキー”の米山剛ポール・ウェセリン(イングランド)が続いた。シニアメジャー連勝を狙う室田淳清水洋一の2人が通算4アンダーの5位で追う。

賞金ランク1位の崎山武志は通算1アンダーの8位で、2日目まで首位を保った加瀬秀樹井戸木鴻樹らと並んだ。

なお、田村尚之はこの日のラウンドを終えて通算4アンダーの5位につけていたが、ホールアウト後に「適合ドライバーヘッドリスト」違反により失格となった。田村が今大会初日から使用した1WのヘッドはR&Aによる適合の裁定を受けたが、最新の「適合ドライバーヘッドリスト」には現段階で未掲載。第2ラウンド終了後に事実が発覚し、R&Aへの確認に時間を要したため、第3ラウンドのプレーを終えてから処分が下った。

※ゴルフ規則 競技の条件2項(a)「適合ドライバーヘッドリスト」の規定
「プレーヤーが持ち運ぶドライバーはR&Aによって発行される最新の適合ドライバーヘッドリスト(モデルとロフトで識別される)上に掲載されているクラブヘッドを持つものでなければならない。
例外:1999年より前に製造されたクラブヘッドを持つドライバーはこの条件から免除される。


特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?