2021/11/11Turf Life Balance

運動不足の人にオススメ 手軽で健康的な減量法

痩せたいと思っても、なかなか成功しない人は多いようです。私の周りでも、特に40代以上の人に目立ちます。今回は、私が『健康的に痩せる方法』を問われた際に決まってお伝えする減量法を紹介します。 減量で一番大事なことは、一時的な結果に終わらせるのではなく継続性です。理想の体重を維持するためには、無理なく続けられる方法を選択しなければいけません。 まず、どのような行動によって体重が増えたのか、原因を探ることが重要です。当たり前ですが、食べ過ぎや飲み過ぎに、運動不足がセットになれば増量します。しかし、それらのことに気をつけても体重が減らない人がいます。 そのような人は、筋肉量を増やして基礎代謝を上げるこ...
2018/02/03ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>背中のストレッチ

、脊柱起立筋を鍛えることで姿勢が美しくなるほか、体の基礎代謝が上がることでダイエット効果も期待できるかもしれません。 ゴルフではどう使われる? 体幹作りの要である脊柱起立筋はゴルフにも大変大きく
2018/02/17ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>太もものストレッチ

せる働きをします。 体積が非常に大きいので、鍛えることで多くの脂肪を燃焼し、筋肉量を増やしやすい箇所です。その結果基礎代謝が高まれば、ダイエット効果が期待できるでしょう。 下半身の中で目立ちやすい筋肉
2017/12/16ゴルフと筋肉

<ゴルフと筋肉>お腹の前面のストレッチ

形状から、「シックスパック」とも表現されます。 手のひらをおへその辺りに当てて、前屈するように力を入れると、その位置が確認できます。お腹をひきしめる筋肉でもあるので、メタボ防止やダイエットには
2015/07/07大人のゴルBODY

「プレー中の“間食”、何がイイの?」 食事編vol.3

てくださいね。 解説/ダイエットコンシェルジュ 島田奈美さん 特定保健指導員、病院栄養士、管理栄養士として多方面で活躍中。個々のライフスタイルや病態に合わせた健康改善の提案、内科外来の栄養相談…
2015/07/14大人のゴルBODY

「“ランチ”を賢く食べるには?」 食事編vol.4

解説/ダイエットコンシェルジュ 島田奈美さん 特定保健指導員、病院栄養士、管理栄養士として多方面で活躍中。個々のライフスタイルや病態に合わせた健康改善の提案、内科外来の栄養相談ならびに病棟の入院…