最近のニュース 新着一覧≫


2018/08/10中古ギア情報

中古で人気上昇中の「地クラブ」に挑戦してみる

中古ショップでも目立つ存在になってきた地クラブ地クラブというのは、小規模なメーカーが作っているクラブのこと。大手メーカーから供給される部品を組み立て、販売している場合もある。以前は買い取りの価格
2019/04/12中古ギア情報

人気の「地クラブ」中古でこだわりの1本を探す

じわじわと増えているのが、地クラブメーカーのモデルを使う選手たちだ。 例えば横峯さくらは今年からクラブ契約フリーとなり、様々なモデルをテストしていたが、3月の「バンク・オブ・ホープ ファウンダーズカップ
2019/04/08優勝セッティング

賞金女王お墨付きの地クラブ 成田美寿々の優勝ギア

・ソンジュ(韓国)との接戦を制した。 クラブ契約フリーの26歳は、PXGを中心に14本を固めているが、「今年一番大きく変えた」のはウェッジ。栃木県にある地クラブメーカー「Modart(モダート)」の
2018/12/28中古ギア情報

中古ヘッド&シャフトでお得にクラブを手に入れる

、リシャフトして抜いたシャフトが余っている場合には、ヘッドを単体で買えばお得にクラブが出来上がる。 中古ショップのヘッド売り場には、最近人気が高い地クラブメーカーのものも多いが、データが少なくスペック
2018/10/22優勝セッティング

信頼のミズノ製ウェッジ アン・ソンジュの優勝クラブ

た。 開幕当初、3本のウェッジは栃木県にある地クラブメーカーModart製のモデルでそろえていたが、月日とともにアイアンの使用契約を交わすミズノ製が増えていき、今大会で初めて3本を同社製でそろえた
2018/03/12優勝セッティング

ミズノアイアンで1年ぶりV アン・ソンジュの優勝ギア

、フェアウェイから9Iでフルショットし4mのフックラインにつけた。「よく決まっていたフックラインにつけられたらと思って放った。全体的にショットはすごく良かった」。 ウェッジ3本は栃木県宇都宮市にある地クラブ
2018/03/23ギアニュース

年に一度のゴルフ祭り ジャパンゴルフフェア2018が開幕

、シャフトの動きやその効能を紹介している。その隣では地クラブメーカー6社によるヘッドの展示も行われ、ギアマニアにとってはたまらないフェアとなりそう。 そのほか、各メーカーによる試打コーナー、クラブや
2016/06/17中古ギア情報

地クラブが女子ツアーで大活躍中!

ではない。しかしプレーオフ18番のPAR5、2度目のティショットは、上田桃子を上回るビッグドライブで、優勝をグッと近づけたと言えるだろう。 彼女が使っているドライバーは、兵庫県の地クラブメーカー
2015/07/10中古ギア情報

“ぶっ飛び系・地クラブ”こそ中古がお得!

最近では大手メーカーだけでなく、いわゆる“地クラブ”と呼ばれる、ゴルフ工房を中心に販売されるクラブ情報も手軽に入手できるようになってきた。『カムイTP-07ニトロゲン』『THE-G』『ジャスティック
2016/08/30マーク金井の試打インプレッション

PXG 0811 ドライバー

地クラブといえるPXGだが、メジャーチャンプを含むPGAのツアー選手と使用契約を結び、その勢いはとどまるところを知らない。その第1弾とも言えるドライバーが『PXG 0811 ドライバー』。自らもクラブを設計
2014/10/16ギアニュース

GSマジック大試打会、地クラブを試すチャンス

。一般来場者の参加は無料で、「地クラブ」の試打、豪華景品が当たる抽選会、グリップ交換、アパレル販売などイベントは多岐にわたる。 ゴルフショップマジックは会場となるジャパンゴルフスクールに工房を構えており
2016/06/06優勝セッティング

「ヨネックスレディス」P.チュティチャイの優勝セッティング

県姫路市に本社を置くエヴァンジェリストジャパン プロダクト社が手掛けるブランドで、いわゆる地クラブだ。予選2日間はショットが好調で大会を通じてロングホール2つでイーグルを奪った。初日には大会レコードと
2014/10/17中古ギア情報

隠れた人気! 中古“地クラブ”ドライバー

という所有感が強いのが“地クラブ”だ。以前は中古市場で価格的に不利だった地クラブも、ここ数年で中古価格相場が成り立ってきた。二束三文だった以前の買い取り価格も、正当な評価をされるようになってきたのだ
2015/05/14ギアニュース

カムイワークスが提案する新しい高反発

バネが押し返すという仕組みで、高反発効果が期待できます。特許も申請中です」 このように怪気炎をあげるのは、カムイワークスジャパンの三邊松彦社長である。同社は、富山県に本社を構える地クラブメーカーの走り
2015/04/06ギアニュース

満を持して『Aグラインド FW』発売

(21度、58度、225g、-1・0度、145cm3)の4ロフト。フェースには455SS、ボディには17-4SSを採用している。 地クラブメーカーで、ツアープロも使用するのが「Aデザインゴルフ」。昨春
2014/11/20ギアニュース

30社が参加!「パーツ試打会」が大盛況

近年、価格訴求型のクラブビジネスから距離を置き、個人にあったサービスを主眼におく「地クラブ」への関心が高まっている。 少量生産のメリットを生かした品質管理や大手メーカーにはない手づくり感のある一本
2014/06/11ギアニュース

工房注目!『SUSAS×EPON』のコラボグリップ

コントロールしたいテクニシャンまで、幅広くアスリートの技術を引き上げてくれるグリップです」と高い評価を下している。 市場では大手NBの価格崩壊が叫ばれて久しいが、そのため多くの専門店は地クラブ系の販売で