2021/06/03Turf Life Balance

現代人の敵・眼精疲労 日常生活で試せるリフレッシュ術

ことが難しい現代社会において、目の調子を維持することは極めて困難です。今回は、眼精疲労を未然に防ぐ日常生活での工夫を紹介します。 パソコンとスマホの文字サイズや明るさを調整 多くのがパソコンの文字を…
2015/09/16サイエンスフィット レッスン

現代のクラブが合わない人は・・・

に使ったスイングが主流でした。鈴木さんのスイングはまさにそれです。インパクトでギュッと返して、伸び上がりながら球をつかまえる動きも、昔のクラブならではの動きです。 しかし、現代のドライバーは慣性…
2018/08/23サイエンスフィット レッスン

ショートアイアンがまったく飛ばない理由【前編】

いること。あるいは、小手先でフェースを返すことによって、インパクト時にロフトが寝てしまうことです。 リバースによるすくい上げは、スイング軸を整える必要がありますし、小手先でフェースを返してしまうは…
2015/05/13サイエンスフィット レッスン

大型ヘッドでつかまらない人は・・・

。なぜなら、多くのアマチュアはテークバックで開いてしまったフェースを、インパクトで戻せないからです。戻せない理由は道具の進化にもあります。現代のクラブは慣性モーメントが高く、一度開いてしまったフェースを戻す…
2021/07/24サイエンスフィット レッスン

フェースを返すタイミングの正解は?

フェースターンのタイミングは、ハーフダウンからインパクト付近にかけてと思っている方が多いようですが、それは昔の話。慣性モーメントが大きい現代のクラブでは、もっと早いタイミングでターンさせる必要があり…
2013/12/26ゴルフクラブの取扱説明書

Vol.10 今どきのアイアンはレベルブローに打つ

が多いと思いますが、今どきのアイアンはレベルブローに打ったほうがいいんですよ。なぜならアイアンのヘッドの重心位置が、昔と今では変わっているからです。 昔のマッスルバックは高重心 マッスルバックに…
2017/09/28サイエンスフィット レッスン

球がつかまらないときは基本を見直そう!

から9という数字になります。簡単に言うと、スイング中のフェースの開閉が少ないタイプです。実は、クラブの進化とともにスイングも変化しており、現代のプロでは、フェースの開閉を大きく使うの方が珍しくなって…
2015/06/24サイエンスフィット レッスン

正しいコックでこんなに変わる!

スイングの効率を高める大きなポイントとなります。コックが上手く使えないが、飛ばそうとすると、テークバックでスウェーしたり、余計な動きが生じることが多いものです。今回は、飛距離に悩む女性ゴルファーが登場…
2019/04/25サイエンスフィット レッスン

あなたはどっち?2つのアームローテーション法(後編)

。優劣はなく、そのの体の使い方に合えばそれでOKです。ただし、慣性モーメントが高く、ヘッドを返しにくい現代の大型ヘッドドライバーに関しては、後者の方法が合っていると言えるのです。では、今回のレッスンについて、動画で詳しくご紹介しましょう。
2013/03/18中井学のフラれるゴルフ

Lesson.4 スクエアグリップを身につけよう!

決め、クラブヘッドを体の正面に持っていくと、すごくストロンググリップに感じるもいるはずです。しかし、現代のクラブではこれでちょうど良いのです。 パーシモンヘッドの時代には、ウィークグリップにセットして…
2015/03/04サイエンスフィット レッスン

ダメなループと良いループ

、アウトサイドから下りてくるのはNGなのです。ですから、から指摘されることがあったとしても、小池さんのループは、まったく気にしなくて良いのです。従って、改善すべきは、極端なインサイドアウトを緩和する…
2014/01/22サイエンスフィット

ヘッドスピードはあるのに飛ばない・・・

いえます。 インから振ればいい? インパクトの瞬間を知り、アウトサイドイン軌道であることが判明したので、単純にインサイドから下ろせばいいと思うかもしれません。しかし、インパクトでフェースが開いている
2010/02/26上達ヒントの宝箱

低いフォローで安定感UP!

現代の道具には、相応しくありません。まずは、写真のように、12時と6時の方向に手を広げて、トップの形を作ってみましょう。 右足の母指球とかかとを意識 テークバックでは、右足の母指球とかかとの2点で体重を…