GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

欧州男子の最新ゴルフニュースをお届け

ヨハネスブルグオープン
期間:02/26~03/01  場所: ロイヤルヨハネスブルグ&ケンジントンGC東C

ダレン・クラークが2016年ライダーカップの欧州主将に

2016年ライダーカップのセーターを早速着用し、欧州主将となったクラークは取材に応じた(Luke Walker/Sunshine Tour/Gallo Images/Getty Images)

2年に1度の欧州選抜と米国選抜の対抗戦「ライダーカップ」の2016年大会で、ダレン・クラーク(北アイルランド)が欧州選抜のキャプテンを務めることが決まった。

2011年の「全英オープン」でメジャー初勝利を飾ったクラークは、選手として過去5度ライダーカップに出場。欧州選抜が3連勝を飾っている2010年からは、コリン・モンゴメリー(スコットランド)、ホセ・マリア・オラサバル(スペイン)、ポール・マギンリー(スコットランド)と3人の主将のもとで副キャプテンを務めてきた。

「キャプテンに選ばれたことは本当に誇りだ。ライターカップは私の人生、キャリアにおいて重要な大部分を占めてきた。欧州チームを率いるチャンスは最高の名誉。これまで素晴らしいキャプテンたちの下でプレーをして、一緒に仕事をさせてもらえたことが幸運だった。(米国ミネソタ州)ヘーゼルティンで欧州の4連勝に挑戦するのが楽しみ」とクラーク。他の候補にはミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)、トーマス・ビヨーン(デンマーク)が挙がっていた。

世界各国で20勝以上をマークしているクラークは、日本ツアーでも2004年から「三井住友VISA太平洋マスターズ」を2連覇するなど通算3勝を挙げている。北アイルランド出身選手が主将を務めるのは初めて。チームの主力であるグレーム・マクドウェルロリー・マキロイの先輩にあたる。

一方、トム・ワトソンを主将に立てて挑んだ昨年大会で惨敗を喫した米国選抜は、デービス・ラブIIIの就任が有力視されている。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。