2015/09/09女子プロレスキュー!

方向性を上げる!「直ドラ」のススメ 笹原優美

飛距離は落ちるため、次のセカンドショットでの番手選びでは1~2つ番手を上げてコース攻略することを頭に入れておいてください。 (笹原優美プロ編・終了) 笹原優美(ささはら・ゆみ) 1992年8月4日
2015/09/02女子プロレスキュー!

“もう恐くない!チョロ、テンプラ、チーピン” 笹原優美

場合は、アドレスを見直してみてください。チーピンの原因はクラブのヒール側に当たり、フェースが被ってしまうこと。ややボールに離れて立ち、フェースのトゥ側で構えることでミスを軽減できます。 笹原優美(ささ
2015/08/12女子プロレスキュー!

“飛んで曲がらないドローボール” 笹原優美

などのミスが激減し、再現性の高いドローボールを手に入れることができますよ。 笹原優美(ささはら・ゆみ) 1992年8月4日生まれ、東京都練馬区出身。父の勧めで11歳からゴルフを始め、高校はゴルフ部の
2015/08/05女子プロレスキュー!

“ティショット打つ前、これだけは…!” 笹原優美

ドライバーショットをレスキュー! 今回から全6回にわたり、TPD単年登録者としてツアー参戦中の笹原優美プロのレッスンがスタート。テーマは「ドライバーの飛距離&安定感アップ」。正確性と飛距離を両立する
2015/08/26女子プロレスキュー!

“スタートで差がつく!朝の準備法” 笹原優美

ショットのためには、練習もストレッチも十分準備をして挑みましょう! 笹原優美(ささはら・ゆみ) 1992年8月4日生まれ、東京都練馬区出身。父の勧めで11歳からゴルフを始め、高校はゴルフ部のある
2015/08/19女子プロレスキュー!

“飛ばしの極意は超シンプル!” 笹原優美

気持ちでいることで、結果的に飛距離アップにつながると思っています。 笹原優美(ささはら・ゆみ) 1992年8月4日生まれ、東京都練馬区出身。父の勧めで11歳からゴルフを始め、高校はゴルフ部のある法政大