GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

マスターズ
期間:04/07~04/10  場所: オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

マスターズの1W使用率をチェック TOP10選手は何を使ったか?

ダニー・ウィレットはXR16(米国仕様)9度の1Wヘッドに、ディアマナWシリーズの60Xシャフトを装着していた(Kevin C. Cox/Getty Images)

前年覇者ジョーダン・スピースの連覇に注目が集まった「2016年マスターズ」は、伏兵ダニー・ウィレットの優勝で熱い戦いの幕を閉じた。優勝争いを演じ、2年連続のトップ10入りを果たした松山英樹の奮闘も光った。そんなマスターズで、前回大会同様、使用ドライバーとそのシャフトのメーカー別シェア(別表)に注目してみた。

トップ10のドライバーシェアは、世界ランキング1位のジェイソン・デイ(M1)を筆頭に6人が使用するテーラーメイドがトップ。ウィレット(XR 16)、マシュー・フィッツパトリック(ビッグバーサ アルファ 815 DD)が使用するキャロウェイ、ロリー・マキロイポール・ケーシーの2人がヴェイパー フライ ドライバーシリーズを使ったナイキが、これに続いた。

出場選手全体で見ても、テーラーメイドが89人中25人で28%を占めてトップ。J.B.ホームズダスティン・ジョンソン(ともにM1)など飛ばし屋を擁し、牙城は崩れそうにない。アクシネット(タイトリスト)もスピース、アダム・スコット(ともに915 D2)などトップ選手を擁して21人で続き、追撃の一番手と言えるだろう。

トップ10の使用シャフトでは、ウィレット(ディアマナ)、マキロイ(ディアマナ)、デイ(クロカゲ)が使用の三菱レイヨン製と、ホームズ(フジクラプロ)、ジョンソン(スピーダー)が使用する藤倉ゴム工業製がそれぞれ4人ずつで同点。松山(ツアーAD)使用のグラファイトデザイン製、スピース(ローグ)使用のアルディラ製が2人ずつで続く。

出場選手の全体シェアでは、三菱レイヨンの28人がトップ。セルヒオ・ガルシア、スコット、デイなどトップ選手の「クロカゲ」使用率の高さが目立つ。続くのは20人のアルディラで、同じグループ企業という点で合算すると、シェア率54%で支配的ともいえる数字になった。続いて、藤倉ゴム工業が13人(14.6%)、トゥルーテンパーが9人(10.1%)、グラファイトデザイン7人(7.9%)だった。

ドライバーショットはゴルフの華。最初のメジャー、マスターズはさながら各メーカーの今シーズンのイチ推し製品の見本市だ。舞台裏では、メーカー同士がしのぎを削る「もうーつの戦い」が今年も繰り広げられていた。

順位 選手名 1Wメーカー シャフトメーカー
1 ダニー・ウィレット キャロウェイ 三菱レイヨン
2 ジョーダン・スピース タイトリスト アルディラ
2 リー・ウエストウッド ピン アルディラ
4 ダスティン・ジョンソン テーラーメイド 藤倉ゴム工業
4 J.B.ホームズ テーラーメイド 藤倉ゴム工業
4 ポール・ケーシー ナイキ 三菱レイヨン
7 松山英樹 ダンロップ グラファイトデザイン
7 マシュー・フィッツパトリック キャロウェイ グラファイトデザイン
7 ソレン・ケルドセン テーラーメイド シャフトラボ
10 ジェイソン・デイ テーラーメイド 三菱レイヨン
10 ロリー・マキロイ ナイキ 三菱レイヨン
10 ジャスティン・ローズ テーラーメイド マトリックス
10 ブラント・スネデカー ブリヂストン 藤倉ゴム工業
10 ダニエル・バーガー テーラーメイド 藤倉ゴム工業
(※GDO調べ)


特集

今年で146回目を迎えるゴルフ史上最古の大会である全英オープンが7月20日(木)ロイヤルバークデールGCで開幕する。松山英樹は初のメジャー制覇へ、クラレットジャグに名を刻むことはできるか!?
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?