GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

旅人ゴルファー・川村昌弘の「いま僕はココにいます」Vol.9

ラオスの首都ビエンチャン。想像していたよ ラオスの首都ビエンチャン。想像していたよりも静かな町でした

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・23歳。2012年のプロデビューから5年間で巡った国の数は20以上。活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。世界を旅することこそが、幼い頃からの夢だった。傍らにはキャディバッグと小さなスーツケース。ゴルフで旅する渡り鳥の経路を追っていこう。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

プロゴルファーの川村昌弘です。
いま僕は、ハノイにいます。

今月中旬にアジアでのシーズン序盤戦に一区切りをつけ、4月の国内ツアー「東建ホームメイトカップ」まで自主トレ中…。先日訪れたネパールのカトマンズからベトナムに飛び、旅人ゴルファーの先輩、塚田好宣プロと“ミニ合宿”を行いました。

川村昌弘マップ 川村昌弘マップ

同じベトナムでもホーチミンとは違い、ハノイの3月は天気があまりよくありません。ただ、気温が20度台で涼しくゴルフに打ち込めるのはいいところ。ちなみにラウンドを終えた夜にラオス・ビエンチャンまで足を延ばし、翌日ラオカントリークラブというゴルフ場でもラウンドしてきました。ラオスの首都ビエンチャンは、意外と閑散としていてビックリ。“タイの田舎”といった印象で、食事もガバオライスのように他の東南アジアの国の食べ物が混在しているんですね。

ラオスのゴルフコース。1泊でラウンドして ラオスのゴルフコース。1泊でラウンドしてきました

塚田さんは昨年、日本ツアーの下部チャレンジツアーで賞金王に輝きました。47歳で賞金王…。「この記録は絶対に抜かれないですよね」って話すんです。40歳を過ぎても下部ツアーから這い上がろうとするモチベーション、その状況も楽しむメンタリティを本当に尊敬します。去年、今まで出たことのなかった試合会場の土地を訪ねて「ふらっと入った小料理屋が“当たり”だったり、その近くのバーも良かったり。メチャクチャ楽しかった」と振り返られていました。今回ラオスからタイ・バンコクに向かった後、塚田さんはタイの国内ツアーに出場したんですよ。あのエネルギーはやっぱりすごいと思います。

ベトナム・ハノイの3月はタイやマレーシア ベトナム・ハノイの3月はタイやマレーシアなどに比べて涼しくて、練習環境としてもいいところです

そして、谷原秀人さんがやりました!! 「WGCデルテクノロジーズマッチプレー」で4位に入って「マスターズ」へ!! 2月のオーストラリア「ISPS HANDA ワールドスーパー6パース」で一緒だったので、本当にうれしかったです。最後まで可能性を捨てずに戦い抜いたことに感動しました。

パースで谷原さんから学んだのは“切り替え”の大切さ。谷原さんはオフなどに1週間、ゴルフから離れることもあるそうです。僕は常にクラブを握るタイプなので、調子が上向かない時、どこがズレているか分からないまま試合に出続けていることがあります。僕がキャディバッグを持たずに、3月初旬にカンボジアへ一人旅に出たのは「仕事も趣味もゴルフというのは危ない時もあるよ」とアドバイスを頂いたのがきっかけでした。

塚田さん、谷原さん。日本の先輩に海外で刺激を受けて帰国するのは、なんだか不思議な感じ(笑)。もうすぐ再開する日本ツアーにしっかり備えたいと思います。

ハノイの朝はフォーから!塚田好宣さんとご ハノイの朝はフォーから!塚田好宣さんとご一緒させて頂きました

<今週のブレックファースト>
ベトナム・ハノイでは朝食からやっぱりフォー。塚田さんと一緒です。牛肉をのせたフォーボーは50000ドン(約242円)でした。

ただ今地球半周 旅人ゴルファー

KAWAMURA COUNTER

  • これまでの移動距離
    00
  • 行った国
    00
  • バーディー数
    00

Profile

川村昌弘
川村昌弘(24)Masahiro Kawamura
1993年6月25日・三重県生まれ。5歳の時に父と一緒にゴルフを始め、小学生時代には全国大会の常連選手に。ジョーダン・スピースやジャスティン・トーマスらと出場したフランスでのジュニア大会をきっかけに将来の海外転戦を夢見る。高校卒業後にプロ転向し、2013年に20歳で出場した日本&アジアン共同主管大会「アジアパシフィックパナソニックオープン」でツアー初優勝を飾り、海外進出の足がかりを得た。
川村昌弘選手の略歴・戦績はプロフィールページで

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?