GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

SMBCシンガポールオープン
期間:01/19~01/22  場所: セントーサゴルフクラブ(シンガポール)

旅人ゴルファー・川村昌弘の「いま僕はココにいます」Vol.1

2017/01/19 12:00

プロゴルファーの川村昌弘です!同級生の時松隆光選手(左)とシンガポールにいます

人は彼のことを“旅人ゴルファー”と呼ぶ。川村昌弘・23歳。2012年のプロデビューから5年間で巡った国の数は20以上。活躍の場は日本だけでなく、ユーラシア大陸全土、そのまた海の向こうにも及ぶ。世界を旅することこそが、幼い頃からの夢だった。傍らにはキャディバッグと小さなスーツケース。ゴルフで旅する渡り鳥の経路を追っていこう。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

プロゴルファーの川村昌弘です。
いま僕は、セントーサ島にいます。

2017年。日本ツアーとアジアンツアーの新しいシーズンは「SMBCシンガポールオープン」(1月19日~/シンガポール・セントーサゴルフクラブ)で始まります。昨年と同じように、長い1年の初戦は東南アジアで迎えました。

ことしでプロ6年目になった僕は、昨年アジアンツアーで賞金ランキング18位に入ったことで、今季はアジアのほか欧州ツアーのメンバーにも登録することができました。アジアンツアーと欧州ツアーはここ数年で急激に連携を深めていて、小さいころから海外でプレーすることを目指してきた僕にとっては“ありがたい特典”としか言いようがありません。日本を含めた3つのツアーのメンバーとして1年間プレーできるのは2014年以来3年ぶり。しっかり戦い抜きたいと思います。

シンガポールでは「ペーパーチキン」を食べるのが楽しみ。5、6個はイケますよ

短い冬のオフには地元・三重県のゴルフ場を中心に多くラウンドをこなしてきました。ちなみに先週末に東京から日本を発ちましたが、シンガポールに来る前に3日間、マレーシア・クアラルンプールで“寄り道”してきたんです。本当は2月の「メイバンク選手権マレーシア」(欧亜ツアー共催)の会場、サウジャナG&CCで練習ラウンドをしたかったんですが、当地ではあいにくプレーできず…。それでも、マレーシア屈指の名門コース、ロイヤルセランゴールGCを回ることができました。結果的には良かったかもしれません(笑)

マレーシアにいたせいか、シンガポールの方が涼しく感じます。ところで旅が好きな僕は、その土地の名物料理があるお店には、足を運ばずにはいられません。シンガポールだったら、やっぱり「ペーパーチキン」! 紹興酒などのタレに付け込んだ鶏肉を紙で包んで焼いてあるんです。市内のヒルマン・レストランは、このメニューの有名店。今回は同い年の時松隆光と一緒に食べてきました。ひとつ2.2シンガポールドル(約175円)とリーズナブル。5つ、6つは軽く食べられます。このお店は青菜炒めなど、他の料理もとてもおいしいんですよ。

セントーサゴルフクラブはアジアのゴルフ場とは思えないくらい、グリーンが美しく整備されています。アジアで一番スピードが速いグリーンといえるかもしれません。去年は11位で終えた試合。シーズンの良いスタートを切れれば最高です。

<今週のランチ>

セントーサGCで食べたチキンライスです

……今週のクラブハウスのランチ「チキンライス」は9.5シンガポールドル、757円でした。

ただ今地球二周 旅人ゴルファー

KAWAMURA COUNTER

  • これまでの移動距離
    00
  • 行った国
    00
  • バーディー数
    00

Profile

川村昌弘
川村昌弘(24)Masahiro Kawamura
1993年6月25日・三重県生まれ。5歳の時に父と一緒にゴルフを始め、小学生時代には全国大会の常連選手に。ジョーダン・スピースやジャスティン・トーマスらと出場したフランスでのジュニア大会をきっかけに将来の海外転戦を夢見る。高校卒業後にプロ転向し、2013年に20歳で出場した日本&アジアン共同主管大会「アジアパシフィックパナソニックオープン」でツアー初優勝を飾り、海外進出の足がかりを得た。
川村昌弘選手の略歴・戦績はプロフィールページで

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?