GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

飛びの秘密はウラにあり!? 新型マジェスティは“クモの巣”ドライバー

2017/07/05 11:46

飛びの秘密はこの裏側に…(写真はロフト角9.5度)

マルマン株式会社(本社・東京都千代田区)は4日、都内で高級ブランド「マジェスティ」の最新モデル『マジェスティ ロイヤル SP』を発表した。

「マジェスティ」といえば、長い間シニア向け高級ブランドとして確固たる地位を築いてきたブランド。前作『マジェスティ ロイヤル ブラック』では、これまでの方向性をややアスリート向けに変更し、ターゲットを広げることで一定の評価を得たという。

「一番(開発で)苦しかったのは、大好評を博した前作『ロイヤル ブラック』を超えるというお題でした」と語るのは、同社の阿久津桂開発チーム長。ヒットした前作モデルをどう超えるのか、“生みの苦しみ”を経た新作となる。

発表会に登場したモータージャーナリストの 発表会に登場したモータージャーナリストの九島辰也氏。ブランドの持つ“特別感”についてアピールした

今シリーズの目玉となる『マジェスティ ロイヤル SP ドライバー』の一番のウリは、「スーパースパイダーウェブフェイス」と名付けたフェース裏面構造。まさしくクモの巣の目のような複雑な凹凸をつくることで、剛性を担保しながら最薄部1.55mmという極薄フェースを実現。高い反発性能と軽量化を可能にした。

ターゲットは今回も50代を中心としながら、若年層から従来のシニア層まで幅広く視野に入れている。デザインやブランディングの高級路線は崩さず、大人の“特別感”は維持。飛距離に対して貪欲なゴルファーに加え、落ち着いたデザインを好むゴルファーを狙っている。

発売は9月7日、同シリーズのレディースモデルは9月23日発売予定。どちらもドライバーは税抜12万円(税込12万9600円)。問い合わせはマルマン カスタマーセンター TEL:03-3526-9988。