GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

最新ゴルフニュースをお届け

アベレージ向けに開発されたワンレングスを限定発売

2017/06/16 18:18

各番手の役割に合わせてヘッド構造を変えた 各番手の役割に合わせてヘッド構造を変えた「キング F7 ワンレングスアイアン」

プーマジャパンは16日、全番手が同じ長さで構成されるコブラゴルフ「キング F7 ワンレングスアイアン」を7月上旬に発売すると発表した。米国ではすでに販売されているが、今年2月発売の「キングフォージドツアーワンレングスアイアン」の反響を受け、アスリートゴルファーよりもアベレージゴルファーに多くのメリットがあると判断。日本でも取扱店を限定し、販売することにした。

4~5番はやさしい飛距離重視。PWになるにつれて方向性を重視したヘッド構造に

特徴は、番手ごとにヘッド構造を変えた“TECFLO構造”。4~5番は中空、6~7番はハーフ中空。8番~PWはアンダーカットキャビティにすることで、各番手の役割に合わせたパフォーマンスを向上させた。7番のロフト角は30度と、飛距離を重視したストロングロフト設計になっている。

シャフトはフジクラ製「コブラスピーダー カーボンシャフト」と日本シャフト製「NSプロ950G.H スチールシャフト」の2種類。カーボンシャフトは5番からPWの6本セットで税抜10万8000円(税込11万6640円)。4番とGW(50度)、SW(55度)は、単品売りで税抜1万8000円(税込1万9440円)。スチールシャフトは6本セットで税抜9万6000円(税込10万3680円)。4番とGW(50度)、SW(55度)は、単品売りで税抜1万6000円(税込1万7280円)。

今回はテストマーケティングとの位置づけで、インターネットのGDOゴルフショップのみでの取り扱いとなる。問い合わせはプーマジャパン0120-125-150。