GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

アジアンツアーの最新ゴルフニュースをお届け

アジアンツアー通信/2016年11月号

価値ある大勢のチャンピオンたち by アジアン ツアーコミッショナー・チラハン

タイの23歳、プーム・サクサンシンが、イ タイの23歳、プーム・サクサンシンが、インドネシアでアジアンツアー初優勝を飾った(提供:アジアンツアー)

10月をもう一度繰り返すことはできるだろうか?

10月はアジアンツアーと我々のスター選手たちにとって、なんと素晴らしい月だったことだろう。

ニュースの見出しを読み返すだけで鳥肌が立つし、我々が祝福した勝者たちを想うとなおさらだ。

良性の脳腫瘍の除去手術から復帰した呂偉智が、再び勝者たちの輪に加わったことを、私はどれだけ喜んだことだろう。

それは間違いなく今年最も感動的な話の1つであり、「マーキュリーズ台湾マスターズ」で彼のプレー、そして勝利する姿を見ることはとても素晴らしいことだった。

同じ週、アジアンツアーが韓国復帰を果たした「新韓ドンへオープン」では、インドのガガンジート・ブラーが見事な勝利を飾った。

ここ数年、手首の怪我に悩まされていた才能あるブラーの勝利も、同じように幸福な感覚をもたらした。しかし、アジアンツアー6勝目を挙げた彼は、再び安定した上位争いをしてくれることだろう。

「BNIインドネシアマスターズ」では、若きタイ人であり、ADT(アジア下部ツアー)出身のプーム・サクサンシンの躍進を目撃した。

もしアジアンツアーで、“最も可愛らしく純粋に見える選手コンテスト”というものがあれば、優勝はプームのものだろう。しかし、見た目に騙されてはいけない。彼は賞金総額75万ドルのイベントで、見事なゴルフで2位に5打差をつけて悠々と勝利を飾ったのだ。

翌週の大会を制したのもタイのパビット・タ 翌週の大会を制したのもタイのパビット・タンカモルプラサート。こちらは下部ツアー出身の27歳(提供:アジアンツアー)

インドネシアに続くマカオでは、昨年の賞金王であるアニルバン・ラヒリと、もう1人のタイの新鋭パビット・タンカモルプラサートとの目を見張るようなゴルフ・エンターテイメントに魅了された。

その「ベネチアン・マカオオープン」では、最終的にパビットがラヒリをプレーオフ1ホール目で退けたが、ギャラリーたちは7連続バーディを奪ってプレーオフへと持ち込んだラヒリのプレーに釘付けだった。

ラヒリのバーディラッシュはマカオだけに留まらず、マレーシアでの「CIMBクラシック」でも継続した。最終日を4打差の首位で迎えたが、失意のクアドラプルボギー(+4)により、PGAツアー初優勝は手の平から滑り落ち、3位タイに終わった。

賞金総額700万ドルの「CIMBクラシック」は、賞金王争いにとって重要な大会であり、現在賞金ランクトップに立つスコット・ヘンドが、最初の2日間にあまり良いプレーを出来なかったことで、争いは混沌とするように見えた。

しかし、オーストラリアの大砲は、週末に掛けて好調を取り戻して7位タイで終え、賞金王争いで十分なリードを築いた。

あなたがこれを読む頃には、「リゾートワールド・マニラマスターズ」の結末も明らかになっていることだろう。この100万ドルの大会でも、また新たなスリリングなフィニッシュを期待したい。

2016年シーズンは我々アジアンツアーの才能ある選手たちにとっては、素晴らしい年となっている。12月を迎えるまでに、さらに多くのエキサイティングな見出しをあなたは目撃することだろう。

なぜアジアンツアーが#whereitsATをスローガンとしているのか?そこには理由があるのだ。

ASIAN TOUR
情報提供:ASIAN TOUR


特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?