2017/10/19マカオオープン

ガガンジート・ブラーら3人が首位発進

◇アジアンツアー◇マカオオープン 初日(19日)◇マカオG&CC(マカオ)◇パー71 チャン・イクン、キム・ギワン(ともに韓国)、ガガンジートブラー(インド)の3人が7アンダー「64」でプレーし
2018/08/05フィジーインターナショナル Presented By フィジー航空

G.ブラーがツアー初優勝 2打差3位にE.エルス

◇欧州男子◇フィジーインターナショナル 最終日(5日)◇ナタドラベイゴルフコース(フィジー) 首位から出たインドの30歳、ガガンジートブラーが1イーグル5バーディ、1ボギーの「66」でプレー。通算
2018/08/04フィジーインターナショナル Presented By フィジー航空

川村昌弘は54位で最終日へ G.ブラーが首位

◇欧州男子◇フィジーインターナショナル 3日目(4日)◇ナタドラベイゴルフコース(フィジー) 欧州ツアー初勝利を目指すインドの30歳、ガガンジートブラーが4バーディ、1ボギーの「69」でプレーし
2013/09/10Yeangderトーナメントプレーヤーズ選手権

G.ブラーが連覇を狙う 日本勢は中里、北村、宇佐美が出場

ガガンジートブラーが通算12アンダーで勝利。悪天候にたたられて3日間54ホールに変更された短期決戦を、後続に4打差をつける完勝で制した。 ディフェンディングチャンピオンとして迎えるブラーは、今季未勝利…
2017/10/19マカオオープン

ガガンジート・ブラーら3人が首位発進

◇アジアンツアー◇マカオオープン 初日(19日)◇マカオG&CC(マカオ)◇パー71 チャン・イクン、キム・ギワン(ともに韓国)、ガガンジートブラー(インド)の3人が7アンダー「64」でプレーし
2013/11/28インドネシアオープン

中里、市原の日本勢は出遅れ 首位はG.ブラー

◇アジアンツアー◇インドネシアオープン初日◇ダマイ・インダG&CC パンタイ・インダ・カプックC(インドネシア)◇パー71 「インドネシアオープン」が28日に開幕。初日、インドのガガンジートブラー
2017/10/22マカオオープン

インドの29歳が逃げ切りで通算8勝目

◇アジアンツアー◇マカオオープン 最終日(22日)◇マカオG&CC(マカオ)◇パー71 1打差の首位で出た29歳ガガンジートブラー(インド)が「68」で回り通算13アンダーとしてツアー通算8勝目を
2016/11/20BRI-JCBインドネシアオープン

ブラーが逆転で今季2勝目、谷昭範は8位フィニッシュ

1打差の2位から出たガガンジートブラー(インド)が5バーディ1ボギーの「68」で通算16アンダーに伸ばし、逆転で10月の「新韓ドンヘオープン」に続く今季2勝目を挙げた。 単独首位から4年ぶりの優勝
2017/10/21マカオオープン

トップ崩れて僅差で最終日へ

◇アジアンツアー◇マカオオープン 3日目(21日)◇マカオG&CC(マカオ)◇パー71 4打差トップで出たガガンジートブラー(インド)が「74」と落として通算10アンダー。首位を守ったが、2位の洪
2012/04/01パナソニックオープン インディア

小泉は61位Tに後退/パナソニックオープン インディア3日目

首位に立ったのは、2位タイからスタートしたインドのアスホック・クマール。4バーディ、1ボギーの「69」をマークし、通算8アンダーで単独首位に浮上。地元優勝に向け1打リードで最終日を迎える。通算7アンダーの単独2位には、同じく地元インドのガガンジートブラーが続いている。
2015/11/03パナソニックオープン インディア

前年5位の谷昭範が参戦 インド開催の大会は5回目

引き上げられた。 日本からは谷昭範が唯一参戦する。谷は昨年、優勝と2打差の5位に入った。 昨年大会を制したのは地元インドのS.S.Pチョウラシア。ラシド・カーン、ガガンジートブラー、ラヒル・ガンジーら
2012/04/02パナソニックオープン インディア

D.シンがツアー初勝利! 小泉洋人は50位タイ /パナソニックオープン インディア最終日

バーディ、ノーボギーの「66」をマークし、通算11アンダーで逆転優勝を飾っている。ツアー参戦12年目にして、ついに念願の初タイトルを手にした。通算9アンダーの2位タイにはシディクール(バングラデッシュ)、ガガンジートブラー(インド)の2選手が続いた。
2014/12/02インドネシアオープン

川村、塚田ら日本勢4人が参戦 ビッグネームもエントリー

アジアンツアー「インドネシアオープン」が4日(木)から4日間にわたり、インドネシアのダマイ・インダゴルフ・PIKコースで開催される。 昨年大会は、ガガンジートブラー(インド)が3打差をつけて勝利
2011/09/24オーストリアン・ゴルフオープン

R.コールズが急浮上!4人が首位で並ぶ

。そこに、6位タイスタートのガガンジートブラー(インド)、さらには、7アンダーをマークしたロバート・コールズ(イングランド)が29位タイから首位タイに急浮上してきた。 首位と2打差の通算5アンダー5
2013/03/17アバンサマスターズ

T.エイケン、逃げ切りで2シーズンぶりの勝利!

飾った。 母国での戦いとなったガガンジートブラー(インド)がこの最終ラウンドを「64」で回り通算20アンダーの単独2位フィニッシュ。リャン・ウェンチョン(中国)は7番(パー3)でホールインワンを達成
2011/08/21チェコオープン

ツアー未勝利の2人が初タイトルに王手!

ゴルフを楽しんでいるし、明日も楽しみたい。なるようになるでしょう」。 通算8アンダーの3位タイに、ミカエル・ランドバーグ(スウェーデン)、ガガンジートブラー(インド、)、ゲーリー・ボイド(イングランド
2013/03/18ヨーロピアンツアー公式

エイケンがインドで優勝を掴み取る

、結果的に3打差をつけて終えた。 インドのガガンジートブラーと中国のリャン・ウェンチョンはふたりとも立派な闘いを見せた。特にリャンは7番でホールインワンを決めるなど、健闘を見せた。しかしエイケンが…
2016/11/19BRI-JCBインドネシアオープン

44歳のシンが4年ぶり優勝へ奪首 谷も6位浮上

「スコットランドオープン」を最後に優勝から遠ざかっている。 1打差2位で同じインドのガガンジートブラー。パンナコーン・ウチャイパ(タイ)が通算11アンダーの3位に続いた。 日本勢では、38位から出た谷昭範が