GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子ニチレイインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

日本善戦も結果は15連敗

勝者 結果 敗者
肥後かおり 71-71 L.デービース
中野晶 74-79 M.ラン
L.ノイマン 69-72 村口史子
T.バレット 70-74 安井純子
城戸富貴 69-75 L.ケーン
R.ジョーンズ 72-73 不動裕理
S.スタインハワー 73-74 ハン・ヒーウォン
高村亜紀 73-76 J.ムーディ
米山みどり 74-77 N.スクラントン
キム・ミヒョン 69-74 ク・オッキ

スコア詳細を見る

最終日の個人戦、日本チームは善戦した。中野 晶、城戸富貴、高村亜紀米山みどり、小林浩美がそれぞれ勝利。肥後かおりが分けて5勝6敗1分け。けっして悪い1日ではなかったが、しかし初日2日の負けを挽回するどころの話ではなく、なんとか惜敗にとどめるのが精一杯だった。

去年は米チーム、今年は日本チームでプレーの小林浩美が「ポイント差は大きいけど、実際のストローク差は僅差。大差の負けじゃありません」と今日も力説した。確かに不動裕理、韓煕圓、福嶋晃子などわずか1打で逸した対戦が3つもあった。だが1ストロークの差といえども負けは負け。そのたった1打の差が日米の厚い壁なのかもしれない。

「やっぱり大きな差です。1打の重み、執着心、勝負に対する気持ちの面で違いがあった」とキャプテン村口史子も振り返った。

「日本の選手は、みんないい技術を持っている」と米チームのローリー・ケーンも言ってくれた。「ただもっと積極的に、結果を恐れずプレーしたらいいと思います」

これで日本は15連敗。また記録を更新した。勝った米チームはそれぞれ393万7500円、負けの日本選手は220万5000円(ランキング加算は165万3750円)を獲得した。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。