GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国シニア全米シニアプロ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

全米シニアプロ選手権
期間:05/21~05/24  場所: ピート・ダイC at フレンチリック(インディアナ州)

モンゴメリーが大会連覇 室田22位、倉本34位

順位 選手名 通算 合計
1 C.モンゴメリー -8 280
2 E.トレド -4 284
3 W.オースティン -3 285
4 B.ヘニンガー -2 286
4 S.バープランク -2 286
6 B.ランガー 0 288
7 J.スルーマン +1 289
7 T.パーニスJR. +1 289
9 M.ドーソン +2 290
9 M.マクナルティ +2 290

スコア詳細を見る

2015年 全米シニアプロ選手権 最終日 コリン・モンゴメリー
2位に4打差をつけ、大会連覇を果たしたコリン・モンゴメリー(Andy Lyons/Getty Images)【拡大写真】

◇米国シニア◇全米シニアプロゴルフ選手権 最終日◇ピート・ダイコース at フレンチリック(インディアナ州)◇7147yd(パー72)◇

米国チャンピオンズツアーの今季メジャー第2戦「全米シニアプロゴルフ選手権」は、3打差首位から出たコリン・モンゴメリー(スコットランド)が「69」とスコアを伸ばし、2位に4打差をつけて悠々と逃げ切り勝利。大会連覇でシニアメジャー3個目のタイトルを獲得した。

だが、楽勝という言葉をモンゴメリーは否定した。「3打差の首位というのは非常に難しいポジション。ここは気を抜いたらすぐにダブルボギーを叩くコースだし、まったくリラックスすることができなかった。精神的にとても疲れた」。モンゴメリーは今大会を含むチャンピオンズツアーでの3勝すべてをメジャー大会で挙げている。

通算4アンダーで2位に入ったのはエステバン・トレド(メキシコ)。通算3アンダーの3位にウッディ・オースティン、通算2アンダーの4位にブライアン・ヘニンガーとスコット・バープランクの2人が続いた。

日本勢最上位は通算6オーバー、22位タイの室田淳。初日に単独首位発進を決めた倉本昌弘は、通算8オーバーの34位タイ。羽川豊は通算19オーバーの71位タイで4日間を終えた。


特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!